仮面ライダーリバイス:前田拳太郎、3大特撮制覇のケイン・コスギからアクション褒められ照れ笑い

映画「劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア」の公開記念舞台あいさつに登場したケイン・コスギさん(左)と前田拳太郎さん
1 / 16
映画「劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア」の公開記念舞台あいさつに登場したケイン・コスギさん(左)と前田拳太郎さん

 特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の映画「劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア」の公開記念舞台あいさつが7月23日、東京都内で行われ、五十嵐一輝/仮面ライダーリバイ役の前田拳太郎さん、アヅマ/仮面ライダーダイモン役のケイン・コスギさんらが登場。スーパー戦隊シリーズの「忍者戦隊カクレンジャー」でジライヤ/ニンジャブラック、米国で制作された特撮ドラマ「ウルトラマンパワード」のケンイチ・カイ/ウルトラマンパワード役に続き、今作で「3大特撮ヒーローでの変身」という“偉業”を達成したケインさんは、「前田さんは動きが良かったしやりやすかった。引っ張ってくれて助かりました」と前田さんのアクションを絶賛。前田さんは、「光栄です。ありがとうございます」と照れ笑いしつつ、感謝していた。

 前田さんはケインさんとのアクションについて、「怖かったです(笑い)。速いんです。本番前のテストは50%ぐらいの力でやるのですが、ケインさんの50%は僕の120%ぐらい。常にテストから全力でやっていました」とケインさんの身体能力に驚いたことを明かした。

 また前田さんは劇場版について、「1年前の夏映画にサプライズで出させていただいてから1年がたちました。今回の映画は僕たちの1年間の“集大成”ということで、1年間学んできたものをすべてぶつける思いで撮った作品。皆さまに楽しんでいただけたら」とコメント。そして、「本編はもうすぐ放送が終わってしまいますが、最後まで頑張りますので、これからも応援よろしくお願いいたします!」と呼びかけていた。

 「仮面ライダーリバイス」は、仮面ライダー生誕50周年記念作品。主人公・一輝が、内に宿る悪魔バイス(声・木村昴さん)と契約し、“一人で二人”の仮面ライダーに変身して戦う姿を描く。劇場版では、謎の組織によるハイジャック事件が発生し、五十嵐元太と幸実ら乗客が巻き込まれてしまう。一輝、大二、さくらの五十嵐3兄妹は、乗客が捕らわれた禁断の地「エリア666(トリプルシックス)」でスカイミッションに挑む。

 スーパー戦隊シリーズ「暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)の映画「暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE 新・初恋ヒーロー」と2本立てで上映。

 舞台あいさつには、五十嵐大二/仮面ライダーライブ役の日向亘さん、五十嵐さくら/仮面ライダージャンヌ役の井本彩花さん、五十嵐幸実役の映美くららさん、五十嵐元太/仮面ライダーデストリーム役の戸次重幸さん、坂本浩一監督も出席した。

写真を見る全 16 枚

アニメ 最新記事