ONE PIECE FILM RED:“ウタ”Ado×FAKE TYPE. 「ウタカタララバイ」フルMV公開 サイケデリックに

「ONE PIECE FILM RED」の劇中歌「ウタカタララバイ」のビジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
1 / 1
「ONE PIECE FILM RED」の劇中歌「ウタカタララバイ」のビジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督)で、歌姫・ウタが劇中で歌う楽曲「ウタカタララバイ」のミュージックビデオ(MV)のフルバージョンが、YouTubeで公開された。ウタは、歌手のAdoさんが歌唱を担当しており、「ウタカタララバイ」は音楽ユニット「FAKE TYPE.!」が楽曲を提供した。MVは、映像ディレクターのヲタきちさんが手がけ、サイケデリックな世界を表現した。

 劇場版では、世界中が熱狂する歌姫・ウタがライブで初めて公の前に姿を現すことになる。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、歌声を楽しみにしているルフィ率いる麦わらの一味、海賊、海軍と世界中のファンが会場を埋め尽くす。そんな中、ウタがシャンクスの娘であると発覚する。

 「コードギアス」シリーズなどの谷口さんが監督を務めた。1998年に開催されたイベント「ジャンプ・スーパー・アニメツアー’98」で上映された「ONE PIECE」の初のアニメ「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした谷口監督が、約24年ぶりに「ONE PIECE」の監督を務めたことも話題になっている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画