老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます:長江里加が主人公・山野ミツハの声優に 「平々凡々な普通の私にどうか力をください」

「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」のティザービジュアル(C)UNA・講談社/「ろうきん」製作委員会
1 / 2
「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」のティザービジュアル(C)UNA・講談社/「ろうきん」製作委員会

 小説投稿サイト「小説家になろう」などで人気のライトノベルが原作のテレビアニメ「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」で、長江里加さんが主人公・山野ミツハの声優を務めることが分かった。ミツハが描かれたティザービジュアルも公開された。

 長江さんは「まさかのまさか!?と現実味がなく驚きながらも、やったーー!!ミツハやりたかったーーー!!!といううれしい気持ちでいっぱいになりました。楽しみながらも、大切にこの作品を愛していきたいです。ファンの皆様、そして、これから知っていくよという皆様、全ての方々に楽しんでいただけるような作品にしていきたいという気持ちで挑みますが、私は残念ながら頭脳明晰(めいせき)でもないし異世界転移もできません。この平々凡々な普通の私に、どうか力をください。応援、よろしくお願いいたします!!!!」とコメントを寄せている。

 玉田博さんが監督を務め、稲荷明比古さんがシリーズ構成を担当することも分かった。FelixFilmがアニメを制作する。

 玉田監督は「いわゆる時代ものの作品を作ることには興味はひかれるものの、自分の歴史知識の不足などにより、実際にはなかなか難しい。しかしこの作品においては古雅な世界は異世界であり、しかも現代劇の要素も導入できるという好都合なことになっております。というわけで現実の近世ヨーロッパをベースに独自のアレンジで構想した異世界にミツハを送り込みます。現代の地球と異世界を行ったり来たりできるというミツハの便利すぎな能力の助けも借りて、単なる転生モノではないジャンルレスな作品を目指そうかと思っております。この作品ではお子様向けのサービスをしておりません。観客の皆様におかれましては、人生経験で培われた幅広い想像力を駆使してご鑑賞いただければ幸いです」と話している。

 「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」は、テレビアニメ化もされた「私、能力は平均値でって言ったよね!」のFUNAさん作、モトエ恵介さんイラストのライトノベル。18歳で天涯孤独の身になった少女がある日突然、謎の存在から異世界と現代を行き来できる転移能力を与えられ、安泰な老後のために二つの世界で20億円相当の8万枚の金貨をためようと金儲けにまい進する……というストーリー。アニメが、2023年1月から放送される。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:玉田博▽シリーズ構成:稲荷明比古▽キャラクターデザイン:福地友樹▽アニメーション制作:FelixFilm

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事