異世界ワンターンキル姉さん:テレビアニメが2023年放送 榊原優希が“弟”、白石晴香が“最強の姉”に 小清水亜美も

「異世界ワンターンキル姉さん~姉同伴の異世界生活はじめました~」のティザービジュアル(C)2023 このえ・田口ケンジ/小学館/「異世界ワンターンキル姉さん」製作委員会
1 / 10
「異世界ワンターンキル姉さん~姉同伴の異世界生活はじめました~」のティザービジュアル(C)2023 このえ・田口ケンジ/小学館/「異世界ワンターンキル姉さん」製作委員会

 小学館のウェブマンガサービス「サンデーうぇぶり」で連載中のマンガが原作のアニメ「異世界ワンターンキル姉さん~姉同伴の異世界生活はじめました~」がテレビアニメとして2023年に放送されることが分かった。メインキャストも発表され、榊原優希さんが異世界に旅立つことになるゲーム好きの少年・軍場朝陽(いくさば・あさひ)を演じる。白石晴香さんが朝陽のことが大好きな姉・軍場真夜(まや)役、小清水亜美さんが魔王六将の一人で朝陽の“もう一人の姉”とも言えるキルマリア役として出演する。朝陽、真夜、キルマリアが描かれたティザービジュアルも公開された。

 榊原さんは、「こちらの作品は一言で表すと、『主人公が主人公のことを大好きな最強の姉と共に送る異世界生活を描いた作品』です! お姉ちゃん、本当にすごく強いです。そして、もちろんストーリーや世界観も魅力的なのですが、僕的にグッとくるオススメポイントはコメディー部分です。物語の進みも世界の描写も、ついつい笑ってしまうテンポの良いコメディーパートと共に描かれることでより魅力的になっていると思います。見入ってしまって時間があっという間に過ぎ去りますよ!」とコメント。

 演じる朝陽について「彼はスーパー愛され弟ですね。自分のことを好きすぎる姉に対して普段はツンなのですが、それでもやっぱり何かがあった時に頭の中に浮かぶのはお姉ちゃんのことだし、居なくなると寂しい……。全く、そういうところだぞ! お姉ちゃんが彼を大好きな気持ちが分かる気がします」と話している。

 白石さんは演じる真夜について「弟のことが大好きで弟にはめちゃくちゃ弱いのに、異世界で最強のステータスを持つ、可愛さと強さを兼ね備えたキャラクターだなと思います。それでいてちょっぴり変態なのがまたすてき(笑い)。戦闘シーンでの格好いい姿と、朝陽に対してのデレッデレな姿のギャップに魅了されちゃってください!」とコメントを寄せている。

 小清水さんは、作品について「姉! 田口(ケンジ)先生の作品は姉への憧れと夢が詰まっていると思うので、全国の姉欲しい皆様、心の妹弟たちへおすすめしています(笑い)」と話し、「心の妹、弟たち、この作品で存分に姉を浴びると良いぞ!」とメッセージを送った。

 同作は、このえさん原作、田口さん作画の“姉マンガ”。現実世界での事故をきっかけに異世界に旅立った少年・軍場朝陽が、異世界生活を満喫しようとするが、ステータスはまさかの最弱で、朝陽への愛から後追いで異世界転生してきた姉・真夜は、異世界最強の能力が宿っていた……というストーリー。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:高木啓明▽シリーズ構成:香椎葉平▽キャラクターデザイン:濵田悠示▽サブキャラクターデザイン:田邉まほ▽モンスターデザイン:寒川顕一▽美術監督:倉田憲一▽色彩設計:勝田綾太、山本真希▽撮影監督:田村淳▽制作:月虹

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事