鎌倉殿の13人:宮澤エマ「台本を読んだ時点で号泣」 全成の死と“直面”も、夫をたたえ…「実衣らしいなとすごく感じました」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第30回場面カット 宮澤エマさん演じる実衣 (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第30回場面カット 宮澤エマさん演じる実衣 (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第30回「全成の確率」が8月7日に放送され、新納慎也さん扮(ふん)する阿野全成の壮絶な最期が描かれた。全成の妻・実衣を演じた宮澤エマさんは「台本を読んだ時点で号泣してしまって」と明かしている。

 第30回では、源頼家(金子大地さん)に対して呪詛(じゅそ)を行った疑いにより、詮議を受ける全成。比企能員(佐藤二朗さん)はその背後に北条家の暗躍があると確信し、対決姿勢をさらに強める。そのころ北条家では、夫・全成が巻き込まれて激怒した実衣(宮澤エマさん)が、父・時政(坂東彌十郎さん)を追及。名乗り出ようとする時政だが、りく(宮沢りえさん)に止められる。

 義時(小栗さん)は北条家を守るために一案を講じ、畠山重忠(中川大志さん)らの助力を得て、頼家の元へ全成の助命を願う申し状を届ける。結果、全成は流罪となり、首をはねられることなく、八田知家(市原隼人さん)が治める常陸国へと送られる。

 しかし、頼家から所領を他の御家人に分け与えるように言われ、怒りが収まらない能員は、頼家を排除しようと、全成の元を訪れ「実衣殿の身が危うい」と吹き込み、呪詛の道具を手渡す。能員の口車に乗ってしまった全成の行いが発覚すると、能員は我が身可愛さに「これはもはや謀反」と頼家に訴え、頼家もまた、全成を死罪と処すことを決める。

 全成は死の直前、ひたすら呪文を唱え、“その力”によって、激しい雨風と雷を起こすが、知家の手により命を落とす。その後、全成の最期について、自ら「詳しく聞かせて」と訴え、正面から向き合った実衣。泣き笑いしながら「やってくれましたね。最後の最後に……」と夫をたたえた。

 宮澤さんは、「こういう結末が待っているというのはもちろん、分かってはいたんですけど、そこをどう三谷(幸喜)さんが描かれるのかが分からなかったのと、実衣が全成の死にどう関わって、何を感じてどう反応するのかというのはまったく予測できていなかったので、全成さんの死を聞いたときの実衣のたたずまいや、彼女が義時に聞く質問というのが、実衣らしいなとすごく感じました」と振り返った。

テレビ 最新記事