Creepy Nuts:テレビアニメ「よふかしのうた」で声優に ナイトプールでナズナをナンパ!?

「Creepy Nuts」が声優として出演する「よふかしのうた」第6話の一場面(C)2022コトヤマ・小学館/「よふかしのうた」製作委員会
1 / 1
「Creepy Nuts」が声優として出演する「よふかしのうた」第6話の一場面(C)2022コトヤマ・小学館/「よふかしのうた」製作委員会

 ヒップホップユニット「Creepy Nuts」が、テレビアニメ「よふかしのうた」にゲスト声優として出演することが分かった。アニメは、原作のタイトルの由来ともなったCreepy Nutsの「よふかしのうた」がエンディングテーマとして流れることも話題になっている。同ユニットは、オープニングテーマ「堕天」、挿入歌「ロスタイム」も担当しており、アニメに声優としても出演することになった。

 Creepy NutsのR-指定さん、DJ松永さんは、8月11日深夜にフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送される第6話に出演し、ナイトプールに遊びに来た吸血鬼の七草ナズナをナンパする2人組を演じる。同日、同局系の朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前5時25分)では、Creepy Nutsのアフレコの様子やインタビューが放送される。

 「よふかしのうた」は、2019年8月から「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中のコトヤマさんの人気マンガ。不眠が続く中学2年生の夜守コウと美しい吸血鬼・七草ナズナを巡る“よふかし”ラブストーリーで、夜に眠れない日々を送るコウは、初めて誰にも言わずに夜に出かけた日、吸血鬼のナズナに出会う。コウは、夜の楽しさを教えてくれるナズナに魅了されていく……という展開。

 アニメは、「<物語>シリーズ」などに参加してきた板村智幸さんが監督を務め、「東京リベンジャーズ」などのライデンフィルムが制作する。佐藤元さんが夜守コウ、雨宮天さんが七草ナズナをそれぞれ演じる。

アニメ 最新記事