テッパチ!:第1部完結 “宙”町田啓太「8人そろって駐屯地に帰るぞ!」 胸熱展開の連続に視聴者から感動の声(ネタバレあり)

連続ドラマ「テッパチ!」第6話の一場面(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「テッパチ!」第6話の一場面(C)フジテレビ

 俳優の町田啓太さん主演の連続ドラマ「テッパチ!」(フジテレビ系、水曜午後10時)第6話が8月10日に放送された。同話で自衛官候補生の期間を描く第1部が完結。第一班のメンバーが助け合いながら、過酷な訓練を乗り越える姿に、視聴者から感動の声が上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 陸上自衛隊を舞台に、青年たちの成長と熱い思いを描くオリジナル作。挫折を経験し、“やけっパチ”な人生を送る国生宙(町田さん)が、生半可な気持ちで入隊した陸上自衛隊で、身を守る鉄帽“テッパチ”をかぶるにふさわしい一人前の自衛官を目指す。2部構成で、第1部では候補生としての姿、第2部では本隊に配属され、現場での任務に当たる姿を描く。

 宙たち陸上自衛隊の自衛官候補生の教育終了までわずか。自候生たちの提出した希望職種やその理由を見ている教官の八女純一(北村一輝さん)と桜間冬美(白石麻衣さん)。第一班メンバーが、それぞれ第1志望の職種を書いていたが、宙は第1志望から第5志望まで全て普通科で、「肉体的精神的に強くなりたい!!」と書いていた。

 実際の戦場を想定した戦闘訓練と徒歩行進訓練を柱にした2日間の総合訓練が開始。教官の八女は「この3カ月間に鍛え上げてきたものを全て出し切れ!」と宙たちにハッパをかける……という展開だった。

 総合訓練では戦場を想定した戦闘訓練、その後は重いカバンを背負って、長い道のりを歩く行進訓練に臨む。第一班のメンバーは泥だらけになり、負傷するメンバーも続出したが、宙たちは「8人そろって俺たち全員で……、俺たちの駐屯地に帰るぞ!」と奮起する。バディー同士で支え合いながら、厳しい訓練を乗り越えて無事に帰還。最後は8人全員で卒業を迎えた。

 SNSでは「こうゆう熱いの待ってた」「絆がかっこよすぎる」「みんなすごい成長したね、かっこいい」「演技ということを忘れて泣いてしまいました」「みんなで乗り越えていくんだ!」といった声が寄せられていた。

テレビ 最新記事