Gのレコンギスタ:欠番シーン裏話 富野監督がカットした理由 第5部エンドロールの“謎の絵”とは!?

「Gのレコンギスタ」の第5部「死線を越えて」のスタッフトーク付き上映会の第3弾の様子(C)創通・サンライズ
1 / 8
「Gのレコンギスタ」の第5部「死線を越えて」のスタッフトーク付き上映会の第3弾の様子(C)創通・サンライズ

 テレビアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ(G-レコ)」の劇場版「Gのレコンギスタ」(富野由悠季総監督)の第5部「死線を越えて」のスタッフトーク付き上映会の第3弾が8月10日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、演出の吉沢俊一さん、制作デスクの大橋圭一さんが登場した。テレビシリーズと劇場版で演出を担当した吉沢さんが「第5部に関しては、悩んでいる時間がなかったので、富野さんの想定通りの形でサクサクと作業が進みました。今日ここで何の話をするか悩んだんですが、第4部では、実はスタッフがビックリするようなことがありまして。本日はそちらの話をメインにさせていただければと思います」と裏話を披露した。

 吉沢さんは第4部のクライマックスに向けた重要な戦闘シーンである、G-セルフが絶対兵器フォトン・トルピードを使うシーンの絵コンテを紹介し、「途中で×(バツ印)が入っているカットがあるんですが、これが欠番シーンなんです。フォトン・トルピードのくだりは、本当はもっとたくさんの人が死んでいたんですが、第4部を作っている中で、欠番が出ました。富野監督が、絵コンテで想定していたところよりも削ってしまったカットがたくさんありまして、例えば、脱出してモビルスーツに乗っていない、戦う意志のないパイロットなんかも問答無用で命が奪われてしまうような、結構えぐい描写があったんです。そのほかにも、バララとクリムのチャンバラがあったりとか、いろいろ要素も入っていました」と明かした。

 いくつもの“×”が入った絵コンテも紹介され、想定していた戦闘シーンがもっと長かったこと、戦闘シーンが長くなってしまっているため、大橋さんから富野監督に「削ってほしい」とお願いしたという。吉沢さんは「絵コンテの状態で撮影をして、並べてテレビ版の絵とつなげた仮映像を作ってみたところ、これはボリュームがエグすぎると。それでどんどん切っていったんです」と説明した。

 ラ・グー総裁によってアイーダたちが案内されるビーナス・グロゥブの管制室のシーンにも欠番シーンがあったといい、吉沢さんは「ここは、当初作ることが決定していて、作画や3Dに関してはある程度作業に入ってしまった後に切っているんです。タイミング的にはもうそろそろアフレコに入るか……というところで富野さんがいきなり『このシーンは切る』と言って切ってしまって。その時、編集室には編集マンの今井大介さんと僕と大橋君や笠井圭介アシスタントプロデューサーなどがいる中で、アニメーターが絵を描いているのに『このシーンは切る』『このシーンはいらない』と言ってブワーっと切っちゃたんですよ。せりふから何からいじりまくって、みんな青ざめてしまった」と振り返った。

 吉沢さんは、富野監督がさまざまなシーンをカットした理由を「アイーダとケルベスの間にも何かあったのかと思わせる部分も含めて、こんなに大事なシーンを何で切ってしまったのか?と考えたんです。おそらく、この欠番したシーンが入ることによって、作品が説教くさくなりすぎて、話のテンポが落ちると判断したんだと思うんです。既に作業が進んで、作品のテーマの根幹に触れてそれが見え隠れするところも、作品のテンポという全体を救うためにあえて切ってしまうという。この作り手としての監督の姿勢に、僕は本当にビックリしました。1カット、2カットの見せ場のためだけじゃなく、全部通しての映像にした時に、どういう印象を残すか?を考えて、そのために全部必要ないと判断して切ってしまうということですね」と分析した。

 大橋さんは「カットしたシーンはテレビシリーズにはなかったところで、追加するというのは必要だから入れたところですから、そこを切ってしまうんですよね」と語り、吉沢さんは「その英断ができるっていうところが、やっぱりすごい人だなと。作品に対して、誰よりも客観的だからできるんですよね」とうなずいた。

 第5部のエンドロールに登場した“謎の絵”の話題になると、大橋さんは「この絵が何の絵なのかは私からは言えないし、どこかのタイミングで監督が言うのであればその時に任せたいです」と語った。“謎の絵”は、美術監督の岡田有章さんが描いたもので、オーダーでは油絵だったが、時間がなかったためアクリル絵の具でキャンバスに描いたという。

 大橋さんは、富野監督にエンドロールについて怒られることがあるといい「エンドクレジットは、ただ流すだけじゃなく、文字の大きさやスピード、タイミングの全てに、すごく気を遣え!と監督は言っています。テーブルをバンバンたたいて怒るんだけど、たたいている手が折れるんじゃないかというくらいたたくので、怒られてるこっちが心配しちゃうほどの勢いで怒っています」と話した。

 大橋さんは、富野監督の裏話を「アフレコや音響作業の時には、監督を車でお連れするんですが、その車内でラジオを聞いているわけです。ある時、『ラジオネーム、パプテマス・シロッコさんからのお便りです』と名前が出て、普通に『嫁がどうした……』というような内容が紹介されて。『監督、今パプテマス・シロッコって言いましたよ。50歳らしいです』みたいな話をしたら、『そうか、パプテマス・シロッコは50歳か……』と年齢を気にされて。『でも、全年齢に響いているようですよ』と言うと、うれしそうにしていましたね」とも語った。

 「G-レコ」は、「機動戦士ガンダム」誕生35周年記念作品の一つとしてテレビアニメ版が2014年10月~2015年3月に放送。地球のエネルギー源を宇宙からもたらすキャピタル・タワーを守るキャピタル・ガード候補生のベルリ・ゼナムの冒険を描いた。劇場版は、テレビアニメ全26話に新たなカットを追加。全5部作として上映される。完結編となる第5部「死線を越えて」が8月5日に公開された。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事