菅田将暉:「呪術廻戦」を「単行本で全部読んでる」 USJの新アトラクション「ザ・リアル 4-D」をアピール

USJのアトラクション「呪術廻戦・ザ・リアル 4-D」オープニングイベントに登場した菅田将暉さん
1 / 4
USJのアトラクション「呪術廻戦・ザ・リアル 4-D」オープニングイベントに登場した菅田将暉さん

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)の“超元気特区長”を務める俳優の菅田将暉さんが9月14日、同所で行われた新アトラクション「呪術廻戦・ザ・リアル 4-D」のオープニングイベントに登場。菅田さんは原作となるマンガ「呪術廻戦」について、「僕は単行本派で全部読んでいる」と愛読していることを明かした。

 アトラクションを一足早く体験した菅田さんは「すごかったですね、システム的には座って映画を見るようなスタイルですけど、ライブを見ているような臨場感と、演劇を見ているような没入感が同時に襲ってくる新しい感覚でした」と感想を語った。「予習してから来ると、よりいいですよね。でも知らなくても、子供が好きだからと一緒に来ることになったお父さん、お母さんでも沸くことになると思います」と楽しみ方を紹介した。

 アトラクション「呪術廻戦・ザ・リアル 4-D」は、呪術高専大阪分校の開校を巡る陰謀を阻止するため、大阪に到着した主人公、東京校の虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)、伏黒恵、釘崎野薔薇、京都校の東堂葵、最強の呪術師の五条悟が、呪霊と戦う……というオリジナルストーリー。3D映像と振動や水しぶきなどの特殊効果が楽しめる。開催期間は9月16日~2023年7月2日。

 「呪術廻戦」は2018年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガ。強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。テレビアニメ第1期が2020年10月~2021年3月に放送された。第2期が2023年に放送される。2021年12月に公開された劇場版「劇場版 呪術廻戦 0」(朴性厚監督)も大ヒットした。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事