岡田准一:松岡茉優から抱きつかれドギマギ  「おじさんたちとしか共演していない」とぼやき

映画「ヘルドッグス」の公開記念舞台あいさつに登場した岡田准一さん(右)との松岡茉優さん
1 / 10
映画「ヘルドッグス」の公開記念舞台あいさつに登場した岡田准一さん(右)との松岡茉優さん

 岡田准一さんが9月17日、東京都内で行われた主演映画「ヘルドッグス」(原田眞人監督)の公開記念舞台あいさつに、女優の松岡茉優さんと登場。自身が演じる兼高昭吾に、松岡さん演じる吉佐恵美裏が背後から抱きつくシーンを撮影した際、内心ドギマギしていたことを暴露された岡田さんは、「そりゃドギマギしますよね。僕はわりとおじさんたちとしか共演していないので、若い女性は」とちゃめっ気たっぷりに話し、会場から笑いが起きていた。

 松岡さんは同シーンの感想を聞かれると、「飛びついたら人間に飛びついた感じじゃなかった(笑い)。揺るがない、屋久島の屋久杉のような大木。好きな人に飛びついちゃったというのではなくて、ゴーンって。キュンというより『おおっ』と思ったのを覚えています」とコメント。聞いていた岡田さんは、「そういうところですね。僕が若い子とあまり共演しないのは」と苦笑いでうなずいていた。

 映画は、ヤクザ組織への潜入捜査を命じられた元警察官の主人公・兼高(岡田さん)が、兼高をアニキと慕う室岡(坂口さん)とバディーを組み、猛スピードで組織を上り詰めていくというストーリー。舞台あいさつには、坂口健太郎さん、MIYAVIさん、原田監督も出席した。

写真を見る全 10 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画