松本明子:アラファト議長とハグ「護衛の兵士が機関銃の安全装置外した」 「電波少年」過酷ロケ振り返る

9月22日放送の「ダウンタウンDX」に出演する松本明子さん=読売テレビ提供
1 / 9
9月22日放送の「ダウンタウンDX」に出演する松本明子さん=読売テレビ提供

 タレントの松本明子さんが、9月22日放送のトークバラエティー番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後10時)に出演。1990年代に出演していたバラエティー番組「進め!電波少年」(日本テレビ系)での過酷なロケを振り返る。

 松本さんは「電波少年」のロケで、パレスチナ解放機構のアラファト議長をアポなしで直撃したり、スタッフが逃げるほどの悪臭がする洞窟で宝探しをしたりといった、今では考えられないような過酷なロケを担当した。「アラファト議長とハグをしたとき、護衛の兵士が、持っていた機関銃の安全装置をカチャと外していた」という驚きのエピソードを明かす。

 同日の放送は「バラエティーで活躍する女性タレントSP!!」と題し、歴代のバラドルが集結。磯山さやかさん、鈴木紗理奈さん、藤田ニコルさん、峯岸みなみさん、森口博子さん、山之内すずさんも出演する。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事