僕とロボコ:テレビアニメが12月4日スタート ビジュアルでロボコがスカートなびかせる! 監督に大地丙太郎

「僕とロボコ」のキービジュアル(C)宮崎周平/集英社・僕とロボコ製作委員会
1 / 1
「僕とロボコ」のキービジュアル(C)宮崎周平/集英社・僕とロボコ製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の宮崎周平さんの人気ギャグマンガが原作のテレビアニメ「僕とロボコ」が、12月4日深夜からテレビ東京系で放送されることが分かった。スカートをなびかせるロボコ、ロボコが給仕する小学生・ボンドが描かれたキービジュアルも公開された。ビジュアルには「令和のニューヒロイン爆誕!?」「鬱屈した世の中にニーキック! みんなの心に元気注入」というコピーが添えられている。

 メインスタッフも発表され、「おじゃる丸」「セクシーコマンド 外伝 すごいよ!!マサルさん」などの大地丙太郎(だいち・あきたろう)さんが監督を務め、ぎゃろっぷが制作する。

 「僕とロボコ」は、2020年7月に同誌で連載をスタート。美少女メイドロボット・オーダーメイド(OM)が一家に1台普及した20XX年を舞台に、ドジっ娘のメイドロボ・ロボコと、心優しい少年・ボンドの日常がコミカルに描かれている。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:大地丙太郎▽監督補:佐藤道拓▽シリーズ構成:大場小ゆり▽キャラクターデザイン:荏原裕子▽プロップデザイン:佐藤よしひろ▽美術監督:湖山真奈美▽色彩設計:箕輪綾美▽撮影担当:谷本玲奈▽編集:楫野允史▽音響監督:たなかかずや▽アニメーション制作:ぎゃろっぷ

アニメ 最新記事