新・信長公記:“信長”永瀬廉ら、戦国武将の熱き戦いが完全決着 「最後まで新信長公記らしい!」(ネタバレあり)

連続ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」最終話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 2
連続ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」最終話のワンシーン=読売テレビ提供

 人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さん主演の連続ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の最終話が、9月25日に放送された。織田信長(永瀬さん)ら、戦国武将の熱き戦いがついに完全決着。「意外すぎる結末!」と注目を集めた。

 ◇以下、ネタバレがあります

 ドラマは、「LIAR GAME」などの甲斐谷忍さんのマンガ「新・信長公記~ノブナガくんと私~」(講談社)が原作。2122年を舞台に、戦国武将のクローン高校生たちが「学園の天下統一」を目指す。

 最終話では、銀杏高校の理事長・別府ノ守与太郎(柄本明さん)が、戦国武将たちを集めて戦わせてきた目的を告白。「戦を――本当の戦をしたくなった」という理事長を前に、信長たち特進クラス一同は最後の戦いに挑む。

 いよいよ決戦の日。クラスメートたちは総出で理事長が支配する敵に立ち向かう。しかし、その敵は戦うことだけを目的に生み出された戦闘型クローンで、死ぬまで戦い続けるという“屍(しかばね)武者”だった。

 武将たちは予想以上の強さに歯が立たず、次々と地面に倒れていく。そんな中、明智光秀(萩原利久さん)が襲われそうになり、とっさにかばった徳川家康(小澤征悦さん)が深手を負ってしまう。さらに、日下部みやび(山田杏奈さん)までもが危機的状況に。

 信長は助けに向かうも、突然、自身の中に眠る“覇王の血”が騒ぎ出して覚醒。武力で全てを収めようとするが、みやびの必死の呼びかけで、“和の心”を重んじる現在の自分を取り戻す。そして、「全てを終わらせる」と言って理事長を打倒。自らの血にあらがえること、信じれば人は変われることを証明して見せたが、その後、信長は意識を失ってしまった。

 信長を抱きかかえながら、みやびは「私が必ずや助けます。絶対に。私が未来に連れて行きます」と誓う。それから7年後、みやびは銀杏高校の教師になっていた。そして、ある教室の前を通りかかると、あきれ顔に。教室にはあのころと変わらない、信長たち戦国武将の姿が。高校1年生だった生徒たちは、なんと高校“8年生”になっていて……と展開した。

 SNSでは「みんな生きてた!」「ハッピーエンド」「みんないてよかった~!!」と安心する視聴者の声が相次ぎ、「特進8年生まじわろただったw」「斜め上のエンドで大爆笑してる」「みんなそろって留年しちゃう特進クラス最高かよ」「想像以上のラスト!」「最後まで新信長公記らしい!」と話題になった。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画