川島海荷:華優希とダブルキャストで河了貂に 舞台「キングダム」狙う立ち位置は 共通点も!?

舞台「キングダム」に出演する川島海荷さん(左)と華優希さん
1 / 1
舞台「キングダム」に出演する川島海荷さん(左)と華優希さん

 原泰久さんの人気マンガの舞台版「キングダム」に出演する川島海荷さんがこのほど、取材に応じ、華優希さんとのダブルキャストで演じる河了貂(かりょうてん)役について語った。

 川島さんは河了貂について、「幼くて可愛らしい感じですが、ツッコミ役なのかなと思っています」といい、「作品の“面白い”部分を担うキャラクターだと思うので、しっかりその立ち位置を担っていけるよう頑張りたいです」と意気込んだ。

 自身との共通点を聞かれると、「小さいところかな……(笑い)」とにっこり。「友人からも河了貂っぽいねと言ってもらえたので、自信を持って役と向き合っていきたいです」と話していた。

 「キングダム」はマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2006年に連載スタート。中国の春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を目指す戦災孤児として育った信と、後に「秦の始皇帝」となるエイ政たちの活躍を描く。既刊66巻のコミックスの累計発行部数は9200万部を突破。2019年には山崎賢人さん主演の実写映画第1作が公開され、興行収入57億3000万円を記録し、同年の邦画実写作品の興行収入で1位になった。今年7月には実写映画第2作も公開され、興行収入45億3000万円を突破している。

 舞台版では、信を三浦宏規さんと高野洸さんがダブルキャストで演じる。エイ政もダブルキャストとなり、小関裕太さんと牧島輝さんが演じる。2023年2月5~27日に帝国劇場(東京都千代田区)で上演する。

芸能 最新記事