岡田准一:営業に日々奮闘 東急リバブルの新CM 先輩からの「教え」裏話も

東急リバブルの新イメージキャラクターに就任する岡田准一さん
1 / 1
東急リバブルの新イメージキャラクターに就任する岡田准一さん

 岡田准一さんが東急リバブルの新イメージキャラクターに就任し、10月20日から放送されるCM3編に登場することが8日、明らかになった。同社の営業職員に扮(ふん)した岡田さんの奮闘を描く。「街のプロになれ」編ではグルメ雑誌の記者、「お客様より考えろ」編では作家、「現場100回」編では探偵から、それぞれ営業職員へと瞬時に変身する。

 撮影を終えた岡田さんは「東急リバブルの営業として、できるだけ爽やかに、皆さんに近づけるように、気持ちの良い人になろうと思って頑張りました」と語った。

 営業職員の先輩からの「教え」を題材に企画されたCMにちなみ、先輩からの「教え」を聞かれた岡田さんは「当時20代前半でしたが、大先輩から『馬に乗っておけ。馬に乗れたほうがいいぞ』とアドバイスを頂きました」とコメント。

 乗馬ができると撮影現場でスタッフから信頼されると教わった岡田さんは、その先輩に紹介された馬術クラブに通い始めたといい、「(時代劇などで)今、自由に馬を乗りこなせているのは、そのアドバイスのおかげです」と感謝。その一方で、「結構良い馬術クラブを紹介していただいたので、20代にとっては重かったです」と振り返った。

芸能 最新記事