松村北斗:観客の目線「キラキラしている」 「すずめの戸締まり」大阪で舞台あいさつ

劇場版アニメ「すずめの戸締まり」の大阪での公開記念舞台あいさつに登場した「SixTONES」の松村北斗さん
1 / 3
劇場版アニメ「すずめの戸締まり」の大阪での公開記念舞台あいさつに登場した「SixTONES」の松村北斗さん

 人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さんが11月17日、大阪市内で行われた劇場版アニメ「すずめの戸締まり」(新海誠監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。松村さんは、大阪の印象を「客席の反応がすごく良くて積極的なイメージ。コミュニケーションが濃い。そういう良さがあると思います」といい、「目線が前(向き)でうれしいですね。本当にキラキラしてます」と会場を見渡してうれしそうに話した。

 「すずめの戸締まり」は、「君の名は。」(2016年)、「天気の子」(2019年)で知られる新海監督の新作。日本各地の廃虚を舞台に、災いのもととなる“扉”を閉める旅をする少女・岩戸鈴芽(すずめ)の解放と成長を描く。女優の原菜乃華さんが鈴芽の声を演じ、松村さんが“災い”をもたらす扉を閉めることを使命とする“閉じ師”の宗像草太役として出演する。舞台あいさつには原さん、新海監督も出席した。

 観客からの質問に答えるコーナーで、「ジャニーズで椅子に声を当てる役はめずらしい。難しかったのでは?」と聞かれた松村さんは「椅子になった後の方がお芝居の上で許されることが増えそうだなと最初から感じていた」と明かした。

 17日は同作の「行ってきます日本」舞台あいさつの初日で、神戸と大阪の4会場で1日に5回の舞台あいさつを行った。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事