山田裕貴:“半同居生活”松本まりかと求め合う 映画「夜、鳥たちが啼く」カット公開

映画「夜、鳥たちが啼く」の一場面(C)2022 クロックワークス
1 / 3
映画「夜、鳥たちが啼く」の一場面(C)2022 クロックワークス

 俳優の山田裕貴さん主演、女優の松本まりかさんがヒロイン役を務める映画「夜、鳥たちが啼(な)く」(城定秀夫監督、12月9日公開)の新たな場面写真が公開された。山田さんと松本さん演じる、傷ついた二人の男女が求め合うシーンを写し出している。

 映画は、「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」などで知られる作家・佐藤泰志さんの同名短編小説(河出書房新社)が原作のラブストーリー。山田さんが内に秘めた破壊衝動と葛藤する売れない小説家の主人公・慎一、松本さんが離婚を機に息子と慎一のもとに身を寄せるヒロイン・裕子をそれぞれ演じる。R15指定。

 若くして小説家デビューするも、その後は鳴かず飛ばす、同居中だった恋人にも去られ、鬱屈とした日々を送る慎一。そんな彼のもとに、友人の元妻・裕子が、幼い息子・アキラを連れてやってくる。慎一は、恋人と暮らしていた一軒家を行き場を失った2人に提供して、自身は離れのプレハブで寝起きするという、いびつな「半同居」生活を始める。慎一はそんな自らの無様な姿を、夜ごと物語につづっていく。一方の裕子は、アキラが眠りにつくと、行きずりの出会いを求めて夜の街へと出かけていき……と展開する。

 今回公開されたのは、慎一と裕子が「半同居」生活から一歩踏み出したシーンの場面カット。惹(ひ)かれ合いながらも、他者と深く関わることを恐れてあえて距離をとっていた2人が、互いの境遇を知り、寄り添おうとするうちに、自然と求め合う様子を収めている。

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事