北村匠海:欲しいのは小栗旬並みの身長 「牛乳飲んでます」

劇場版アニメ「かがみの孤城」のプレミアイベントに登場した北村匠海さん
1 / 1
劇場版アニメ「かがみの孤城」のプレミアイベントに登場した北村匠海さん

 俳優の北村匠海さんが11月24日、東京都内で行われた劇場版アニメ「かがみの孤城」(原恵一監督、12月23日公開)のプレミアイベントに登場。作品の内容にちなみ「ある日突然どんな願いでもかなえてやると言われたら?」と聞かれた北村さんは、「しょうもないんですけど……身長を184センチまで伸ばしてくれ、と。小栗旬さんが184なんですよね。小学生のときに(作品で)ご一緒して、関係が続いているんですけど」と小栗さん並みの身長が欲しいと回答。「最近『身長伸びた?』と言われることが増えて。30歳ぐらいまで男性は身長が伸びるらしいんで、いけるかな? と……たぶんいけないんですけど」と苦笑いしつつ、「願いがかなうなら、あれぐらいのタッパが欲しいです」と願望を語った。

 MCから現在の身長を聞かれた北村さんは「高校生以来、計っていないので正確には分からないんですけど、175から178……という感じ」と説明。これから伸びる可能性もあると励まされると、「そうですね、牛乳飲んでますんで」と明かし、笑いを誘っていた。

 今作で北村さんが演じるのは、サッカーが得意な中学1年生のリオン。現在25歳の北村さんは、アフレコ前は「中学生のリオン君に声をあてるというところが、僕的にはネック」だったとしつつ、「マイクテストのとき、(監督には)『そのままでいてくれればいい』と仰っていただいた。ありのままというか、自分のままの瞬間も、この映画に入っているのかなと思います」と充実感をにじませていた。

 「かがみの孤城」は直木賞作家・辻村深月さんのベストセラー小説が原作。青春期独特の繊細な感情や感性を描いたファンタジーミステリーで、2018年に全国の書店員が「一番売りたい本」を選ぶ「本屋大賞」を受賞した。学校での居場所をなくして家に閉じこもっていた中学生・こころの部屋の鏡が光り始め、吸い込まれるように鏡をくぐり抜けると、城のような不思議な建物にたどり着く。そこではこころと似た境遇の7人が集められ、城の中に隠された秘密の鍵を見つけた者は、何でも願いがかなう……という展開。

 プレミアイベントには當真あみさん、吉柳咲良さん、板垣李光人さん、横溝菜帆さん、梶裕貴さん、宮崎あおいさん、原監督も出席した。

映画 最新記事