横浜流星:“嫌いに”という反響も「役者冥利に尽きる」 「流浪の月」でTAMA映画賞最優秀新進男優賞

1 / 6

 俳優の横浜流星さんが第14回TAMA映画賞授賞式で最優秀新進男優賞を受賞し、11月26日にパルテノン多摩(東京都多摩市)で開催された授賞式に出席。横浜さんは「流浪の月」(李相日監督)で演じた中瀬亮役の反響について、「本当に反響が大きくて、たくさんの方にこの作品が届いているのだなという喜びを感じました」と喜び、「見た方々からそろって『すごかった』とか『嫌いになった』という言葉をいただいたのですが、それって役者冥利に尽きるなと思った。自分の中ではうれしい言葉でした」と声を弾ませていた。

 受賞について、「選んでいただき大変光栄に思います」と感謝し、「自分が好きな原作、『流浪の月』の映画化に携わることができたこと、そこで大きな挑戦ができたこと、自分の中では大事な作品。こういった賞をいただいて非常にうれしく思います」と自身にとって、同作の存在感の大きさを語った。

 今後の目標を聞かれると、「僕がやるべきことは一つ一つ目の前にあることをやる。皆さまの心に残る作品を届けられるように頑張っていきたい」と意気込みを口にし、「来年も長年のお付き合いがある監督の作品が控えていて、とても挑戦的な作品ですので、たくさんの方に届けばいいなと思います」とメッセージを送った。

 TAMA映画賞は、多摩市および近隣市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力あふれる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から表彰する。今回は2021年10月~2022年9月に劇場公開された作品が対象となった。

 ◇受賞作品と受賞者は以下の通り(敬称略)

 最優秀作品賞:「LOVE LIFE」「ハケンアニメ!」▽特別賞:芦田愛菜、宮本信子「メタモルフォーゼの縁側」、小林啓一監督「恋は光」▽最優秀男優賞:佐藤二朗 「さがす」「truth 姦しき弔いの果て」「バイオレンスアクション」、松坂桃李「流浪の月」▽最優秀女優賞:倍賞千恵子「PLAN 75」、広瀬すず「流浪の月」

 最優秀新進監督賞:片山慎三「さがす」、森井勇佑「こちらあみ子」▽最優秀新進男優賞:磯村勇斗「ビリーバーズ」「PLAN 75」「異動辞令は音楽隊!」「さかなのこ」「前科者」「彼女が好きなものは」ほか、横浜流星「流浪の月」「アキラとあきら」「嘘喰い」「あなたの番です 劇場版」「DIVOC-12」▽最優秀新進女優賞:河合優実「PLAN 75」「愛なのに」「ちょっと思い出しただけ」「女子高生に殺されたい」「百花」「冬薔薇」ほか、伊東蒼「さがす」「恋は光」「MIRRORLIAR FILMS Season4」

写真を見る全 6 枚

映画 最新記事