invert 城塚翡翠 倒叙集:特別編 “透明な悪魔”逮捕までの裏側が明らかに! あえて回収していない“壮大な仕掛け”も

女優の清原果耶さんが主演の連続ドラマ「invert 城塚翡翠 倒叙集」特別編の一場面=日本テレビ提供
1 / 3
女優の清原果耶さんが主演の連続ドラマ「invert 城塚翡翠 倒叙集」特別編の一場面=日本テレビ提供

 女優の清原果耶さんが主演の連続ドラマ「invert(インヴァート) 城塚翡翠(じょうづか・ひすい) 倒叙集(とうじょしゅう)」の特別編が、11月27日午後10時半に放送される。

 特別編では、13日まで放送された連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠(じょうづか・ひすい)」で全5話をかけて描かれた「女性刺創連続殺人事件」の犯人“透明な悪魔”逮捕までの裏側が明かされる。

 舞台は“探偵”城塚翡翠(清原さん)と“パートナー”千和崎真(小芝風花さん)が暮らす高層マンションで、最終話では描かれなかった、香月史郎(瀬戸康史さん)や鐘場正和(及川光博さん)らにまつわるエピソードを描く。最終話ではあえて回収しなかった伏線を含めたドラマ内に隠された壮大な仕掛けも登場するという。

 原作は相沢沙呼さんの同名人気小説と「invert II 覗き窓(ファインダー)の死角」(共に講談社)。13日が最終話だった「霊媒探偵・城塚翡翠」と同一の主人公・城塚翡翠(清原さん)が、パートナーの千和崎真(小芝風花さん)と共に難事件を解決していく。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事