BLEACH 千年血戦篇:第9話「THE DROP」 予想外の“もてなし” 京楽のある計画

「BLEACH 千年血戦篇」の第9話「THE DROP」の一場面(C)久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ
1 / 5
「BLEACH 千年血戦篇」の第9話「THE DROP」の一場面(C)久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された久保帯人さんの人気マンガ「BLEACH(ブリーチ)」の最終章が原作のテレビアニメ「BLEACH 千年血戦篇」の第9話「THE DROP」が、テレビ東京ほかで12月5日深夜に放送される。

 黒崎一護は、零番隊に連れられ霊王宮を訪れた。最初にやってきた麒麟殿では、予想外の方法で麒麟寺天示郎による治療を受ける。効果は抜群で、体の傷が癒えた一護は恋次と共に臥豚殿、曳舟桐生の元に進む。そこでは、またも予想外の“もてなし”が待っていた。その頃、瀞霊廷では、新たな総隊長および一番隊隊長に任ぜられた京楽が、中央四十六室を前にある計画を口にしていた。

 「BLEACH」は、死神の力を身につけた黒崎一護が仲間と共に虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊と戦い、異世界を股にかけた冒険を繰り広げる姿を描いたマンガ。2001~16年に「週刊少年ジャンプ」で連載された。

 2004~12年にテレビアニメが放送され、4度にわたって劇場版アニメが公開されたほか、福士蒼汰さんの主演の実写映画が2018年に公開された。同誌の看板作品の一つとして人気を集めた。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事