仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル:“最強のデザ神”仮面ライダーシーカー役に大貫勇輔 “最悪のゲームマスター”コラスは池田鉄洋

映画「仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル」に出演する大貫勇輔さん(中央)、池田鉄洋さん(右端)「ギーツ/リバイス」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 2
映画「仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル」に出演する大貫勇輔さん(中央)、池田鉄洋さん(右端)「ギーツ/リバイス」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーギーツ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)と、2021~22年放送の「仮面ライダーリバイス」(同)の映画「仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル」(柴崎貴行監督、12月23日公開)に、俳優の大貫勇輔さん、池田鉄洋さんが出演することが分かった。映画オリジナルのキャラクターであり、ギーツとリバイスたちの前に立ちはだかる“最強の刺客”として、大貫さんが「最強のデザ神」を名乗る“無敗の仮面ライダー”轟戒真/仮面ライダーシーカー、池田さんが“最悪のゲームマスター”コラスをそれぞれ演じる。

 「仮面ライダー」シリーズに初出演する大貫さんは「今年、子供が生まれ、仮面ライダーに出たいと熱望しているときに今回のお話をいただき、本当にうれしかったです」と喜びのコメント。演じる轟戒真については「ギーツたちに立ちはだかる強敵です。スタッフの皆さんの力を借りて、戒真が戦いに身を投じるバックボーンであったり、かっこいい変身ポーズ、かっこいい仮面ライダーシーカーを考えました。仮面ライダーシーカーは僕にとって大好きな仮面ライダーになりました」と語った。

 物語において重要な役割を担うコラス役の池田さんは「コラスは本当に不気味で、世界をもうガラッとひっくり返してやろうみたいな悪いやつです。目の前の強い仮面ライダーたちには負けない、別の意味での強さ怖さのある不気味なコラス。悪いヤツとして本気で演じたのでぜひ皆さん、コラスを思いっきり嫌ってください!」とアピールした。

 声優の堀川りょうさん、神谷浩史さんが出演することも発表された。「リバイス」の主人公一家、五十嵐家を襲う未確認生命体バリデロ、イザンギをそれぞれ演じる。

 映画は「リバイス」「ギーツ」のクロスオーバー作品となり、リバイスの“最後の物語”となる第1部、ギーツとリバイスが共演する第2部の“シームレス2部構成”。今年で放送開始20周年を迎えた「仮面ライダー龍騎」(2002~2003年)の仮面ライダーたちも登場する。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事