乃木坂46:「ベストアーティスト」では卒業の齋藤飛鳥へのサプライズも 梅澤美波「来年は真価が問われる一年、攻めの姿勢で」

12月3日放送の「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2022」に出演する乃木坂46(左から)賀喜遥香さん、与田祐希さん、梅澤美波さん=日本テレビ提供
1 / 1
12月3日放送の「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2022」に出演する乃木坂46(左から)賀喜遥香さん、与田祐希さん、梅澤美波さん=日本テレビ提供

 アイドルグループ「乃木坂46」が12月3日、日本テレビ系の冬の音楽特番「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2022」へのパフォーマンスを前に、オンライン取材に出席した。

 「シンクロニシティ」「ここにはないもの」の2曲をメドレーで披露する乃木坂46。与田祐希さんは「『シンクロニシティ』はセンターを(卒業された)白石麻衣さんから継いで梅澤美波がセンターを務めるのですが、(梅澤さんが)すっごい美しいので注目ポイントです。『ここにはないもの』は、いつもとは違ったパフォーマンスになっています。(卒業する齋藤)飛鳥さんへのサプライズもちりばめられているので、飛鳥さんがどういう反応をするのか楽しみです!」と語った。

 楽屋でのエピソードを聞かれると、賀喜遥香さんは「(私たち)4期生はクリスマスメドレーを流していて、『なんて一年早いんだ』と感慨深くなっていました」と笑った。

 来年の目標を聞かれた副キャプテンの梅澤さんは「(来年は)乃木坂46の真価が問われる一年になると思います。飛鳥さんが卒業されて、パッと見たときのグループの印象がかなり変わるのかなと思っていて、そこで結果を残していけるかだと思います。楽しみながらも、攻めの姿勢で活動していけたら」と意気込んだ。

 番組は3日午後10時54分まで生放送中。

アイドル 最新記事