SPY×FAMILY:「Yahoo!検索大賞」アニメ部門1位 声優部門は種崎敦美 「鬼滅の刃」遊郭編OP「残響散歌」 「スプラトゥーン3」も

「Yahoo!検索大賞2022」のアニメ部門1位に選ばれた「SPY×FAMILY」(画像はコミックス第2巻)
1 / 4
「Yahoo!検索大賞2022」のアニメ部門1位に選ばれた「SPY×FAMILY」(画像はコミックス第2巻)

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「SPY×FAMILY」が、12月5日に発表された「Yahoo!検索大賞2022」の作品カテゴリー・アニメ部門の1位に輝いた。人物カテゴリー・声優部門は、「SPY×FAMILY」で人気キャラクターのアーニャ・フォージャーを演じている種崎敦美さんが1位に選ばれた。

 「SPY×FAMILY」は、テレビアニメ第1クールが4~6月に放送され、放送日を中心に検索数が上昇した。10月からは第2クールが放送されている。種崎さんは、「SPY×FAMILY」のアーニャ・フォージャー役のほか、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の主人公・ダイ役、「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」の雛鶴(ひなつる)役など多くの作品で人気キャラクターを演じ、検索数が上昇した。

 作品カテゴリー・楽曲部門の1位は、歌手のAimer(エメ)さんの「残響散歌」だった。同曲は、2021年12月~今年2月に放送された「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」のオープニングテーマ(OP)で、音楽番組やフェスなどで披露されたことも話題になった。ゲーム部門では、任天堂の人気ゲーム「スプラトゥーン」の新作「スプラトゥーン3」が1位に選ばれた。9月にNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けソフトが発売され、検索数が上昇した。

 「Yahoo!検索大賞」は、ヤフーの検索サービスで前年に比べて最も検索数が上昇した人物や作品、製品などを表彰する。今回は今年1月1日~11月1日の集計データを基に、“今年の顔”として検索数が最も急上昇した人物に大賞が贈られ、人物カテゴリー5部門、作品カテゴリー5部門、プロダクトカテゴリー各10位まで、都道府県カテゴリーが発表された。フィギュアスケーターの羽生結弦さんが大賞に選ばれた。

 ◇「Yahoo!検索大賞2022」人物カテゴリー受賞者(敬称略)

 俳優部門1位:松本若菜▽ミュージシャン部門1位:なにわ男子▽アスリート部門1位:羽生結弦▽お笑い芸人部門1位:JP▽声優部門1位:種崎敦美

 ◇「Yahoo!検索大賞2022」作品カテゴリー受賞作品

 アニメ部門1位:「SPY×FAMILY」▽映画部門1位:「トップガン マーヴェリック」▽ゲーム部門1位:「スプラトゥーン3」▽ドラマ部門1位:「鎌倉殿の13人」▽楽曲部門1位:「残響散歌」

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事