浜辺美波:一人ごはんで“涙” そのワケは?

劇場版アニメ「金の国 水の国」ジャパンプレミアイベントに登場した浜辺美波さん
1 / 19
劇場版アニメ「金の国 水の国」ジャパンプレミアイベントに登場した浜辺美波さん

 女優の浜辺美波さんが12月12日、東京都内で行われた劇場版アニメ「金の国 水の国」(渡邉こと乃監督、2023年1月27日公開)のジャパンプレミアイベントに、声優としてダブル主演を務める俳優の賀来賢人さんらと登場。最近泣いたことを聞かれた浜辺さんは、「一人でごはんを食べに行ってお酒をたしなむことが好きなのですけど」と前置きし、「最近、九州の料理屋さんに行ったとき、辛子レンコンを頼んだら多分できたてで、めっちゃ辛くて。すごく涙が出ました。以上です!」と話し、照れ笑いを浮かべていた。

 同じ質問に賀来さんは、「アクションの練習を最近していて、跳び箱をピョンと跳ぶときに膝をぶつけちゃったのですが、その3分後ぐらいに、またまったく同じ場所を、今度は鉄の角みたいなところにガンとぶつけたときに泣きました。“痛泣き”です」と語った。

 映画は、ガイドブック「このマンガがすごい!2017」(宝島社)のオンナ編で1位に選ばれた岩本ナオさんのファンタジーマンガが原作。2014年に「月刊flowers」(小学館)に読み切りが掲載され、2016年にコミックスが発売された。敵対する二つの国で、金の国の姫・サーラと水の国の青年・ナランバヤルが偶然出会い、国の未来のために夫婦役を演じているうちに恋に落ちる……というストーリー。賀来さんがナランバヤル、浜辺さんがサーラの声優を務める。

 浜辺さんは映画について、「この作品は金の国と水の国という、敵対する国の問題をサーラナランバヤルが小さなうそを通じて、そして優しさで解決していく物語」と切り出し、「日々過ごしていると、いろいろな問題に当たると思いますが、そんなときも優しさと温かさがあれば、大変だけど解決することができるという勇気を与えてもらったような作品。(作品を見て)心がフワッとほぐれるような感覚にもなり、ぽかぽかと心が温かくなりました。ちょっと心が疲れていたら、この映画で癒やされていただければ」と呼びかけていた。

 イベントには、戸田恵子、テーマ曲を歌う琴音さん、音楽を担当するエバン・コールさん、渡邉監督も出席した。

写真を見る全 19 枚

映画 最新記事