日高里菜:トモちゃんと淳一郎が尊い! アニメ「トモちゃんは女の子!」に夢中

「トモちゃんは女の子!」に出演する日高里菜さん
1 / 6
「トモちゃんは女の子!」に出演する日高里菜さん

 「第2回 次にくるマンガ大賞」のウェブマンガ部門で1位に選ばれたことも話題の柳田史太さんの青春ラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「トモちゃんは女の子!」が1月4日から、TOKYO MXほかで放送される。メインキャラクターの一人で毒舌、ツッコミ役の群堂みすずの声優を務めるのが日高里菜さんだ。ボーイッシュな主人公の相沢智(トモちゃん)、幼なじみの久保田淳一郎の不器用ながらも真っすぐな恋愛模様を描いた作品で、トモちゃん、淳一郎が「尊い!」と夢中になっているという日高さんに、同作の魅力を聞いた。

 ◇トモみたいな友達がほしい!

 「トモちゃんは女の子!」は、2015年にツイッターで連載を開始。アニメは「ゴールデンカムイ」などの難波日登志さんが監督を務め、Lay-duceが制作する。高橋李依さんがトモちゃん、石川界人さんが淳一郎を演じるほか、天城サリーさん、天崎滉平さん、松岡禎丞さんらが出演する。

 日高さんが演じるみすずは、トモちゃんと淳一郎の幼なじみで冷静沈着、学業優秀。毒舌家でもありトモちゃんに対して常に辛辣(しんらつ)なアドバイスを送る。日高さんは、原作を読んで、すっかり夢中になった。

 「めちゃくちゃ面白くて、あっという間に読みました。どのキャラクターのことも好きになって、どんどん読み進めていました。トモみたいな友達がほしくなりますよね。真っすぐで、いいことも悪いこともストレートにぶつけてくれそう。真っすぐなキャラクターが多い中で、みすずは不器用で、複雑なところもあって、共感できるキャラクターなのかもしれませんね。毒舌だけど、攻撃するというよりは、サラッとアシストします。大人なんですよね」

 ハイテンションなトモちゃんや淳一郎に対して、みすずはクールだ。日高さんは「クールな役をやらせていただく機会がなかなかなかったので挑戦でした」と話す。

 「みすずは基本的にテンションが高いわけではないけど、ギャグっぽい顔になることもありますし、気持ちに変化もあったりします。全体を見ているキャラクターでもあるので、視聴者目線に近いのかもしれません。収録では、トモと淳一郎の可愛い掛け合いを一番近くで見られるので、すごくぜいたくです(笑い)。2人が尊いんです。(高橋さん、石川さんの)お芝居を聞けるのも楽しくて。みすずの演技は繊細なところもあって、どうしよう……とも思っていたのですが、収録では純粋に楽しんでいました」

 ◇2023年も元気、笑顔で

 コロナ禍ということもあり、分散収録ではあったが、高橋さん、石川さん、天城さんとは一緒に収録行うことができ、共演者から刺激を受けた。

 「2人(高橋さん、石川さん)はずっと全力なんです。テストの時から全力です。(高橋さんは)基本的にパンツスタイルで、仁王立ちで叫んでいて、トモがいる!と思いました。サリーちゃんもキャラクターの動きに合わせて手を動かしていて、キャラクターが本当に目の前にいるみたいです。皆さん、ぴったりなんです」

 「笑えるし、キュンとするし、多くの方に見ていただきたいです。自信を持って面白い!と言えます」と語る日高さん。同作の魅力を聞いてみると、話が止まらないようで……。

 「いっぱいあるんです。トモのお父さん、お母さんのシーンが全部好き。可愛いんです! キャラクター全員を本当に愛せる作品です。基本的にはクスッと笑えるんですけど、切なさ、もどかしさもありますし、いろいろな楽しみ方ができるはずです。それに、とにかくトモが可愛いんです! ボーイッシュでたくましく見えますが、乙女な部分があって、不器用だから思いを伝えられなくて、空回りもして、本当にいとおしい。淳一郎も可愛いです。毎回収録が終わった後、音響監督さんに『面白いね!』と言っていただけたこともすごくうれしかったです。私たちももちろん面白い!と思いながら演じていますし、みんなが同じ気持ちなんです」

 2022年も数々のアニメに出演し、大活躍した日高さん。最後に2023年の抱負を語ってもらった。

 「2022年は、すごくすてきな現場をたくさん経験させていただきました。楽しく、ポジティブでいることが大事なんですよね。私は基本的にハッピーな人なのですが、『トモちゃん』の現場でも改めて感じました。2023年も元気、笑顔でいたいですね!」

 笑顔がすてきな日高さんの2023年の活躍もますます注目を集めそうだ。


写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事