どうする家康:“石川数正”松重豊、松本潤“家康”の怪物化「楽しみ」 古沢良太脚本も信頼「面白くなかったら僕らのせい」

2023年大河ドラマ「どうする家康」で石川数正を演じる松重豊さん (C)NHK
1 / 1
2023年大河ドラマ「どうする家康」で石川数正を演じる松重豊さん (C)NHK

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマどうする家康」(総合、日曜午後8時ほか)第2回「兎と狼(うさぎとおおかみ)」が1月15日に放送された。ドラマの公式サイトでは、徳川家臣団の一人、石川数正を演じる松重豊さんのインタビュー動画が公開され、「“松本家康”が今後どういう“怪物”に変化していくのかを我々家臣団も楽しみにしていますので、視聴者の皆様もどうぞ、最終回はあっと驚くような“化け物”になっていると信じて見続けてください」と呼びかけた。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」(共にフジテレビ系)シリーズなどの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

 「古沢さんの脚本か、面白そう」と出演を決めたという松重さんは、「家臣団がここまでフィーチャーされる“家康もの”もこれまでそんなになかったのではと思うんですけど、家臣団一人一人のキャラクターを立たせて、なおかつ会話劇としても非常にクオリティーの高いものにするという、古沢さんならではの面白さが脚本からもにじみ出ています」と信頼を寄せ、「これをリアルに、面白いものに仕上げていくのは、監督含め力量が問われるなという。面白くなかったら僕らのせいだなと、正直思います」と責任感ものぞかせている。

 さらには「“松本家康”がどう変化していくかということは共演者としても興味があるし、どのくらいの成長曲線を描くかということでいうと、1話から2話に関しては本当に微々たるもの」とし、「頼もしいと思ったかどうかは置いておいても、そこの成長を見守っていくからこその家臣だと思っています」と忠誠を誓った。

テレビ 最新記事