板垣李光人:「地元の皆様のご期待に応えられるような井伊直政を」 浜松市にプレオープン「どうする家康」大河ドラマ館に

「どうする家康 浜松 大河ドラマ館」プレオープン記念セレモニーに出席した板垣李光人さん(左)と「どうする家康」の制作統括・磯智明チーフプロデューサー
1 / 3
「どうする家康 浜松 大河ドラマ館」プレオープン記念セレモニーに出席した板垣李光人さん(左)と「どうする家康」の制作統括・磯智明チーフプロデューサー

 俳優の板垣李光人さんが、1月22日に静岡県浜松市にプレオープンした「どうする家康 浜松 大河ドラマ館」の記念セレモニーに出席した。松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」(総合、日曜午後8時ほか)で井伊直政を演じる板垣さんは「ドラマではまだ井伊直政は登場していないのですが、浜松に来てこれから撮影していくうえでも本当に力をいただきましたし、地元の皆様のご期待に応えられるような井伊直政を演じていきたいと改めて感じました」と気持ちを新たにした。

 「どうする家康 浜松 大河ドラマ館」は、「どうする家康」の世界観が体験できる施設。歴代の大河ドラマで徳川家康を誰がどのように演じてきたのかを紹介するパネルや、ドラマで使用された衣装や甲冑(かっちゅう)も展示。「どうする家康」で主人公・徳川家康を演じる松本さんの等身大パネル、登場人物の相関図なども登場する。

 浜松市の鈴木康友市長とともにテープカットも行った板垣さんは、「大河ドラマ館には、徳川家康に関連したドラマで実際に使われている衣装が展示されているなど、この作品を見ていただいた方にとって、たまらない展示になっていると思います」と印象を語った。

写真を見る全 3 枚

芸能 最新記事