末永光:14歳のジャニーズJr.が映画デビュー 「なのに、千輝くんが甘すぎる。」で高橋恭平の幼少期(コメント全文)

映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」に出演するジャニーズJr.の末永光さん (C)2023「なのに、千輝くんが甘すぎる。」製作委員会 (C)亜南くじら/講談社
1 / 1
映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」に出演するジャニーズJr.の末永光さん (C)2023「なのに、千輝くんが甘すぎる。」製作委員会 (C)亜南くじら/講談社

 ジャニーズJr.の末永光(こう)さんが、人気グループ「なにわ男子」の高橋恭平さんが主演を務める映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」(新城毅彦監督、3月3日公開)に出演する。末永さんが映画に出演するのは初めて。学校⼀のイケメン・千輝彗(ちぎら・すい、高橋さん)の幼少期を演じる。

 末永さんは2008年生まれ。2021年にジャニーズ事務所に入所した。身体能力の高さと爽やかな笑顔が魅力の14歳で、映画のプロデューサーは「幼少期の千輝彗の回想シーンは、現在の千輝くんを形作るとても大事なシーンです。はにかんだ優しい笑顔がとても魅力的な末永くんですが、たまにのぞかせる愁いを帯びた少し大人っぽい表情が、そんな大事なシーンにぴったりだと思い、出演をお願いしました」とコメント。

 出演シーンについては「とても印象的な回想シーンになりました」と太鼓判を押し、「撮影当日はとても緊張している様子でしたが、カメラが回ると集中して、監督の演出に応え、堂々と千輝くんを演じていました。撮影の合間には、妹の恋ちゃん役の女の子とお話したり、遊んであげたり、いいお兄ちゃんぶりを発揮していました」と明かした。

 原作は、マンガ誌「月刊デザート」(講談社)で連載中の亜南くじらさんの同名マンガ。人生初の告白で失恋した高校2年の如月(きさらぎ)真綾(畑芽育さん)が、千輝の提案で「絶対に好きにならないこと」「周りにバレないこと」を条件に“片思いごっこ”を繰り広げる。

 ◇末永光さんのコメント(全文)

 ジャニーズJr.の末永光です。千輝くんの幼少期役のお話をいただいた時、とてもうれしくて信じられませんでした。原作のマンガをすぐに読んで、このようなすてきな作品に出演できることへの期待と同時に、初の映画作品で千輝くんというイケメン男子の幼少期役を自分が演じることへの不安もありました。

 実際に演じてみて、感情を表情で表現することの難しさを実感し、その中で演じることの楽しさも知ることができました。また、現場で高橋恭平くんとお会いすることができ、あまりの格好良さに緊張してしまいましたが、とても心強かったです。キュンキュンがいっぱい詰まったこの作品をぜひたくさんの方に見ていただきたいです。

映画 最新記事