なにわ男子・高橋恭平:プライベートでもお姫様抱っこ経験アリ 「メンバーの道枝駿佑を」

「なにわ男子」の高橋恭平さん
1 / 16
「なにわ男子」の高橋恭平さん

 人気グループ「なにわ男子」の高橋恭平さんが1月25日、東京都内で行われた主演映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」(新城毅彦監督、3月3日公開)の初日舞台あいさつに、畑芽育さんらと登場。胸キュンシーンを聞かれた高橋さんは、普段の生活ではなかなかしないお姫様抱っこを挙げるも、「プライベートではメンバーをお姫様抱っこすることはある。遊びでメンバーの道枝駿佑とか。そういうのしかない」と高身長で知られる道枝さんをお姫様抱っこした経験があることを明かして会場を沸かせた。

 畑さんがお姫様抱っこの撮影について、「緊張した。高橋さん、手こずっていたと思います」と口にすると、高橋さんは「大事に大事に。お互いに負担をかけないようにという気持ちで、そっと大きな卵を落とさないよう丁寧に。過去一で優しいお姫様抱っこをしました」と道枝さんとの違いを説明した。

 舞台あいさつには、板垣李光人さん、莉子さん、曽田陵介さん、中島瑠菜さん、鈴木美羽さん、新城監督も出席した。作品でもっとも甘いポイントはという質問に、高橋さんは「僕がブレザーを着ていることで最強と最強ですね」と自信たっぷりに答えるも、「恥ずかしい~」と照れ笑い。

 さらに共演者から「たまに“名言”ぽいもの、胸キュンワードを言っている」と指摘され、高橋さんは、「胸キュンワードは言っていない。ただそれっぽいのが好き。例えば『一より百が好き』とか『下を見るなら上を見る』みたいな、誰かが言ったものではなく。ない言葉を作りたい。そろそろ恥ずかしくなってきました。前を見られないです(笑い)」と赤面して笑わせた。

 映画は、マンガ誌「月刊デザート」(講談社)で連載中の亜南くじらさんの同名マンガが原作。人生初の告白で失恋した高校2年の如月(きさらぎ)真綾(畑芽育さん)が、千輝彗(ちぎら・すい、高橋さん)の提案で「絶対に好きにならないこと」「周りにバレないこと」を条件に“片思いごっこ”を繰り広げる。

写真を見る全 16 枚

映画 最新記事