乃木坂46山下美月:「夕暮れに、手をつなぐ」 港区女子で“サプライズ登場”「ここで東カレの山下さんが見れるとは」「次は本人出演希望」

山下美月さんが表紙を飾った「東京カレンダー」が登場した連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」第2話の一場面(C)TBS
1 / 1
山下美月さんが表紙を飾った「東京カレンダー」が登場した連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」第2話の一場面(C)TBS

 アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さんが、1月24日に放送された連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」(TBS系、火曜午後10時)の第2話に“サプライズ登場”し、話題になった。

 同話では、婚約者・翔太(櫻井海音さん)にフラれたヒロイン・空豆(広瀬すずさん)を、友人の千春(伊原六花さん)が「婚活しよう! 港区女子デビューは?」と励ました。田舎から出てきたばかりの空豆が「港区女子、なんねそい」と意味が分からずにいると、「これ!」と千春が取り出したのが月刊誌「東京カレンダー」。その表紙を飾っていたのが山下さんだった。

 劇中に登場したのは、実際に昨年11月に発売されている2023年1月号。山下さんもインスタグラムのストーリーで「夕暮に、手をつなぐ 東京カレンダーの表紙でひょっこり港区女子してました」と反応した。

 「東京カレンダー」が映ったのは10秒程度だったが、SNSでは「山下美月ちゃん表紙の東カレやん」「ここで東カレの山下さんが見れるとは……」「ドラマ見てたら突然美月でてきて沸いた」「突然の山下美月は心臓に悪すぎる。可愛い」「次は雑誌出演だけでなく本人出演希望」などと盛り上がった。

テレビ 最新記事