映画興行成績:「映画ドラえもん のび太と空の理想郷」首位返り咲き 「グリッドマン ユニバース」は5位発進

「映画ドラえもん のび太と空の理想郷」のビジュアル(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2023
1 / 1
「映画ドラえもん のび太と空の理想郷」のビジュアル(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2023

 3月27日に発表された24~26日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、劇場版アニメ「映画ドラえもん のび太と空の理想郷(ユートピア)」(堂山卓見監督)が、2週ぶりに首位に返り咲いた。24~26日の3日間で動員が約32万2000人、興行収入が約3億9200万円を記録。累計では、動員211万人、興行収入25億円を突破している。

ウナギノボリ

 初登場作品では、 円谷プロダクションとアニメ制作会社TRIGGER(トリガー)によるテレビアニメ「SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)」と「SSSS.DYNAZENON(ダイナゼノン)」の新作劇場版「グリッドマン ユニバース」(雨宮哲監督)が5位にランクイン。ほかにも、俳優の松山ケンイチさんと長澤まさみさんが初共演した映画「ロストケア」(前田哲監督)が6位、米児童作家のバーナード・ウェーバーさんの人気絵本「ワニのライル」シリーズを実写映画化したミュージカル「シング・フォー・ミー、ライル」(ウィル・スペック監督、ジョシュ・ゴードン監督)が7位に初登場した。

 累計成績では、2位の「わたしの幸せな結婚」(塚原あゆ子監督)が動員約94万9000人、興行収入約12億7100万円、3位の庵野秀明さんが脚本・監督を務める「シン・仮面ライダー」が動員約75万2000人、興行収入約11億4700万円を記録。公開17週目で今回4位の劇場版アニメ「THE FIRST SLAM DUNK」(井上雄彦監督)は、動員が860万人、興行収入が124億円を突破している。

 1位 映画ドラえもん のび太と空の理想郷
 2位 わたしの幸せな結婚
 3位 シン・仮面ライダー
 4位 THE FIRST SLAM DUNK
 5位 グリッドマン ユニバース
 6位 ロストケア
 7位 シング・フォー・ミー、ライル
 8位 ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ
 9位 なのに、千輝くんが甘すぎる。
 10位 エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画