機動戦士ガンダム 水星の魔女:シーズン2放送直前特番 ナレーターは放送で解禁

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のシーズン2のキービジュアル(C)創通・サンライズ・MBS
1 / 1
「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のシーズン2のキービジュアル(C)創通・サンライズ・MBS

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの新作テレビアニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のシーズン2の放送を前に特番「『機動戦士ガンダム 水星の魔女』Season2 放送直前特番」が4月2日、MBS・TBS系の日曜午後5時のアニメ枠“日5”で放送される。新規収録したナレーションと共にシーズン1を振り返る。ナレーターは放送をもって解禁される。

ウナギノボリ

 「水星の魔女」のキャッチコピーは「その魔女は、ガンダムを駆る。」で、多くの企業が宇宙に進出し、巨大な経済圏を構築した時代のA.S.(アド・ステラ)122が舞台となる。モビルスーツ産業最大手・ベネリットグループが運営するアスティカシア高等専門学園に、辺境の地・水星から主人公の少女スレッタ・マーキュリーが編入してくる。シーズン1が“日5”で2022年10月~2023年1月に放送された。

 シーズン2では、スレッタ、ミオリネ・レンブランがそれぞれの思いを胸に、ガンダムがもたらす強大な呪いに立ち向かうことになる。プラント・クエタでの事件から2週間たち、スレッタは学園でミオリネとの再会を心待ちに日々を過ごす。一方、ミオリネはベネリットグループ本社に身を置き、父の容態を見守る。同枠で4月9日から放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画