アンデッドガール・マーダーファルス:斉藤壮馬が切り裂きジャックに 「夢のよう」 キャラビジュアル公開

「アンデッドガール・マーダーファルス」に登場するジャックのビジュアル(C)青崎有吾・講談社/鳥籠使い一行
1 / 3
「アンデッドガール・マーダーファルス」に登場するジャックのビジュアル(C)青崎有吾・講談社/鳥籠使い一行

 ミステリー作家の青崎有吾さんの小説が原作のテレビアニメ「アンデッドガール・マーダーファルス」に声優として斉藤壮馬さんが出演することが分かった。斉藤さんは「切り裂きジャック」と呼ばれる頭脳明晰(めいせき)な“切り裂き魔”ジャックを演じる。

 ジャックは、清国に潜んでいたモリアーティを探し当て、強じんな肉体が欲しいと依頼し、自らを怪物化したキャラクター。斉藤さんは「元々、一読者として原作を拝読していたこともあり、オーディションのお話をいただけただけでも非常にうれしかったです。ジャックはくせ者ぞろいのこの作品の中でも、とりわけ謎めいた人物。まさか自分が声を担当させていただけるなんて夢のようですが、全力で臨んでまいります。生き生きとした会話劇が非常に魅力的な作品ですから、キャラクターたちの掛け合いを早く体験したいです!」と意気込みを語っている。

 ファンに向けて「謎に満ちたこのファルスが、アニメーションによってどう紡がれてゆくのか。原作ファンとしても、一アニメ好きとしても、わくわくが止まりません! 僕自身もオンエアを心待ちにしております。ぜひ皆さまもご一緒に、この物語の行く末を見届けてくださいませ。『アンデッドガール・マーダーファルス』、何卒よろしくお願いいたします!」とメッセージを送った。

 同作は、4月からキャラクタービジュアル全16枚を順次公開する企画を実施しており、第13弾としてジャックのビジュアルが公開された。これまで、輪堂鴉夜、真打津軽、馳井静句、アニー・ケルベル、シャーロック・ホームズ、ジョン・H・ワトソン、アルセーヌ・ルパン、ファントム、ジェームズ・モリアーティ、アレイスター・クロウリー、カーミラ、ヴィクターのビジュアルが公開された。

 「アンデッドガール・マーダーファルス」は、19世紀のヨーロッパを舞台に怪物専門探偵・鳥籠使いの旅が描かれる。首から下がない不老不死の美少女探偵・輪堂鴉夜が、半人半鬼の真打津軽、メイドの馳井静句と共に怪物専門の探偵・鳥籠使いとして数々の事件を解決しながら、鴉夜の奪われた体を探してヨーロッパを巡る……というストーリー。

 アニメは、「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」「昭和元禄落語心中」などの畠山守さんが監督を務め、「さらざんまい」「劇場版 輪るピングドラム」などのラパントラックが制作する。フジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」で7月から放送される。

 ◇キャスト(敬称略)

 輪堂鴉夜:黒沢ともよ▽真打津軽:八代拓▽馳井静句:小市眞琴▽アニー・ケルベル:鈴代紗弓▽シャーロック・ホームズ:三木眞一郎▽ジョン・H・ワトソン:相沢まさき▽アルセーヌ・ルパン:宮野真守▽ファントム:下野紘▽ジェームズ・モリアーティ:横島亘▽アレイスター・クロウリー:杉田智和▽カーミラ:近藤玲奈▽ヴィクター:山本格▽ジャック:斉藤壮馬

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事