光る君へ:次週第17回は「うつろい」 あらすじ&場面カット公開 道隆衰弱で、定子は一条天皇に…(ネタバレあり)

NHK大河ドラマ「光る君へ」第17回の場面カット (C)NHK
1 / 4
NHK大河ドラマ「光る君へ」第17回の場面カット (C)NHK

 俳優の吉高由里子さん主演のNHK大河ドラマ光る君へ」。4月28日放送の第17回の副題は「うつろい」で、あらすじと場面カットが公開された。NHK総合では、通常の10分遅れで午後8時10分からスタートする。

ウナギノボリ

 ◇以下、ネタバレがあります

 「光る君へ」は63作目の大河ドラマ。平安時代中期の貴族社会が舞台で、のちに世界最古の長編小説といわれる「源氏物語」を書き上げた紫式部(まひろ)が主人公となる。脚本を、2006年の「功名が辻」以来、2度目の大河ドラマ執筆となる大石静さんが手掛け、きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性の一生を映し出す。

 第17回では、一命をとりとめたまひろ(吉高さん)。乙丸(矢部太郎さん)から、道長(柄本佑さん)が夜通しで看病してくれたことを知らされる。

 民を救うべく疫病患者を収容する小屋を建てようとする道長。その頃、道隆(井浦新さん)は体調を崩し、衰弱し始める。定子(高畑充希さん)は兄・伊周(三浦翔平さん)が関白に準ずる職につけるよう一条天皇(塩野瑛久さん)に働きかける。

 対する詮子(吉田羊)は……。そんな中、意外な人物がまひろを訪ねてくる……というストーリー。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画