鬼滅の刃:「柱稽古編」 廃城へ向かう実弥と伊黒 無一郎が語るアザの発現方法 義勇、甘露寺も 第1話の新カット公開

「テレビアニメ『鬼滅の刃』柱稽古編」の第1話「鬼舞辻無惨を倒すために」の一場面(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
1 / 5
「テレビアニメ『鬼滅の刃』柱稽古編」の第1話「鬼舞辻無惨を倒すために」の一場面(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」の新作テレビアニメ「柱稽古編」の第1話「鬼舞辻無惨を倒すために」がフジテレビ系で5月12日に1時間スペシャルとして放送され、新たなカットが公開された。廃城へ任務に向かう風柱・不死川実弥(しなずがわ・さねみ)と蛇柱・伊黒小芭内(いぐろ・おばない)、柱合会議に参加する霞柱・時透無一郎(ときとう・むいちろう)、恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり)、水柱・冨岡義勇が描かれている。

ウナギノボリ

 第1話は、柱の実弥と伊黒が隊士たちと共に山の上に建つ廃城へ任務に向かうことになる。一方、その頃、竈門炭治郎は蝶屋敷で刀鍛冶の里で受けた傷を癒やしていた。そんな中、産屋敷邸に柱たちが集まり、柱合会議が開かれ、無一郎がアザの発現方法を語る。鬼殺隊全体の底上げのため、柱による柱稽古が始まる……と展開した。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹・禰豆子を人間に戻すために鬼殺隊へ入隊する……というストーリー。原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された。コミックスの累計発行部数は1億5000万部以上。

 テレビアニメ「竈門炭治郎 立志編」が2019年4~9月に放送され、2020年10月公開の劇場版「無限列車編」が国内歴代興行収入1位となる約400億円を記録するなど大ヒットした。「遊郭編」が2021年12月~2022年2月、「刀鍛冶の里編」が2023年4~6月に放送された。

 「柱稽古編」は、鬼の始祖・鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)との戦いに備え、鬼殺隊の最強の剣士・柱による“柱稽古”が描かれる。フジテレビ系で毎週日曜午後11時15分に放送中。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画