鬼滅の刃 柱稽古編:不死川家の激しすぎる兄弟ゲンカ すれ違う実弥と玄弥が「切ない」 炭治郎の一言に「救われた」の声も

「テレビアニメ『鬼滅の刃』柱稽古編」の第5話「鬼を喰ってまで」の一場面(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
1 / 5
「テレビアニメ『鬼滅の刃』柱稽古編」の第5話「鬼を喰ってまで」の一場面(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」の新作テレビアニメ「柱稽古編」の第5話「鬼を喰ってまで」が、フジテレビ系で6月9日に放送された。第5話では、風柱・不死川実弥(しなずがわ・さねみ)と弟の不死川玄弥(げんや)の兄弟ゲンカが描かれ、SNSでは「激しい」「切ない」と話題になった。

ウナギノボリ

 前作「刀鍛冶の里編」では、不死川兄弟の子供時代が描かれ、実弥が鬼に変異してしまった母を手に掛けた悲痛な過去が明らかになった。実弥と玄弥は、以前は仲の良い兄弟だったが、今では、実弥は玄弥に「俺には弟なんていねえ」と、突き放すような態度を見せる。玄弥は、自分たちを守るために戦い、結果として母を手に掛けることとなってしまった実弥を責めてしまったことを悔いており、「柱稽古編」第5話では、実弥と話をしようとするシーンが描かれた。

 実弥に「なんの才能もねえから鬼殺隊辞めろ。呼吸も使えないようなヤツが剣士を名乗ってんじゃねえ」と突き放された玄弥は「ずっと俺は兄貴に謝りたくて!」「鬼を食ってまで……戦ってきたんだぜ」と告白。それを聞いた実弥は激怒し、玄弥の目をつぶそうと襲いかかる。玄弥は、竈門炭治郎に助けられるも、そこから屋敷を破壊するほどの大乱闘に発展。炭治郎を交えた不死川兄弟のケンカにX(ツイッター)では、「兄ちゃん、激しい」「つらい、無理、しんどい」「お互いを思い合ってるのに」と心を動かされるファンも多かったようだ。

 ケンカの仲裁に入った炭治郎が、実弥に対して「兄貴じゃないって言うんなら絶対に俺は玄弥の邪魔をさせない。玄弥がいなきゃ上弦に勝てなかった!」と話す場面もあり、「炭治郎の言葉に玄弥は救われたと思う」「玄弥は炭治郎と仲良くなれてよかった」といった声も上がった。

 「柱稽古編」は、フジテレビ系で毎週日曜午後11時15分に放送中。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画