早見沙織:人気海外ドラマ「ワイルドカード」 吹き替え版でキュートな天才詐欺師に 木島隆一も出演

「ワイルドカード~捜査バディは天才詐欺師!?~」のビジュアル
1 / 4
「ワイルドカード~捜査バディは天才詐欺師!?~」のビジュアル

 人気海外ドラマ「ワイルドカード~捜査バディは天才詐欺師!?~」がWOWOWで8月21日から放送され、日本語吹き替え版に声優の早見沙織さん、木島隆一さんが出演することが分かった。同作が日本で放送されるのは初めて。詐欺師と警官のコンビの活躍を描いたカナダの人気ドラマで、早見さんは、頭の回転が速く、口八丁手八丁で相手を騙す天才詐欺師のマックス・ミッチェル(ヴァネッサ・モーガンさん)、木島さんは、堅物の警官のコール・エリス(ジャコモ・ジャンニオッティさん)の吹き替えの声優を務める。咲野俊介さん、滝知史さん、新納慎也さん、大泊貴揮さん、田中奏多さんらも出演する。

ウナギノボリ

 早見さんは「最初に作品に出会った時は、刑事と犯罪者というまさかのバディーものというところに驚きました。物語のテンポがよく、全体的にコメディー要素が多いので、楽しい気持ちで見ることができると思います。私が吹き替えを担当させていただくマックス・ミッチェルは、あらゆる人物になりすます才能を持ち、周りが驚くような行動にでることもある人です。大胆でエネルギッシュな言動で、物語を展開させていきます」とコメント

 「バディーのコール・エリスは冷静で少し憂いを感じる人で、対照的な二人のやりとりが見どころだと思います。吹き替え担当の木島さんのお声がつくと、一層彼の人となりが鮮明に聞こえるように感じました。怒涛の会話劇なので、お互いの呼吸を合わせながら収録に臨んでおります。メインメンバーはもちろん、一話一話個性的な人々が登場しますので、ぜひ、毎回楽しんでご覧いただけるとうれしいです!」と話している。

 木島さんは「ジャコモ・ジャンニオッティさんの吹き替えをまたできることがとてもうれしいです。『グレイズ・アナトミー』で彼が演じるアンドリュー・デルーカを吹き替えていまして、そのご縁もあって、コール・エリスを吹き替えることになりました」と喜んでいる。

 同作は、カナダ・バンクーバーで、仕事熱心な刑事だったが、罠にはまり、海上部隊に左遷されたエリスが、ある事件で逮捕された女性詐欺師マックスとコンビを組むことになる……というストーリー。全10話。8月31日から毎週水曜午後11時に放送される。字幕版は、毎週木曜午後10時に放送。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画