不遇職【鑑定士】が実は最強だった:“なろう系”人気作 2025年テレビアニメ化

「不遇職【鑑定士】が実は最強だった」のティザービジュアル(c)茨木野・講談社/不遇職鑑定士が実は最強だった製作委員会
1 / 5
「不遇職【鑑定士】が実は最強だった」のティザービジュアル(c)茨木野・講談社/不遇職鑑定士が実は最強だった製作委員会

 小説投稿サイト「小説家になろう」発の人気作「不遇職【鑑定士】が実は最強だった」が2025年にテレビアニメ化されることが分かった。世界樹の下でリラックスしている主人公・アインと精霊・ユーリ、精霊の守り手・ウルスラが描かれたティザービジュアルも公開された。

ウナギノボリ

 原作者の茨木野さんは「この度、大変ありがたいことに、不遇職鑑定士のアニメ化が決定いたしました。 ここまでこれたのも、イラストレーターのひたきゆう様、マンガ家の藤モロホシ様、関係者の皆様、そして何より読者の皆様の応援のおかげです! 本当にありがとうございます! 監督様やスタッフの皆様のおかげで、とてもすてきなアニメになっております! どうぞ、ご期待ください!」とコメントを寄せている。

 同作は、生まれた時に女神から与えられる職業の中でも特に不遇だと言われている“鑑定士”のアインが、パーティー内でもひどい扱いを受けていたが、世界樹の精霊・ユーリと出会い、運命の歯車が大きく動き出す……というストーリー。

 ライトノベルがKラノベブックス(講談社)から刊行されており、ウェブマンガサービス「マガポケ」(同)のコミカライズの人気を集めている。累計発行部数は90万部以上。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画