MANTANWEB(まんたんウェブ)

矢口真里:藤本・ユッキーナ結婚に祝福 自身も「頑張ります」と 劇団ひとりと番組企画会見

テレビ
「How to モンキーベイビー!」の企画会見に登場した矢口真里さんと劇団ひとりさん

 タレントの矢口真里さんが31日、バラエティー番組「How to モンキーベイビー!」(TOKYO MX)で、100人のカメラマンと映画を撮影する企画の会見に出席。別の番組で共演しているお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史さんとタレントの木下優樹菜さんの結婚について、「おめでとうございます。私も(事実を)朝知りました。仲がよかったのでとてもうれしいです。(自身の結婚については)頑張ります」と話していた。

 「How to モンキーベイビー!」は、矢口さんと劇団ひとり(ハルク)さんの司会で、さまざまな分野のプロを迎え、ハウ・ツーを学びながらスキルアップをするというバラエティー番組。同番組では、「高性能のカメラを買ったのに、使いこなせていない」という「高性能カメラ持てあまし隊」との撮影会を実施してきた。今回は、持てあまし隊100人を集め、矢口さんの監督主演、ひとりさんの脚本で、出演者が勝手に演技する姿をみなで撮影。その映像を集め、編集して1本の映画に仕上げるという企画。

 小説「陰日向に咲く」や「青天の霹靂」などで作家としても活躍しているひとりさんは脚本について、「(映画には)アクション、ラブシーンもあります。(矢口さんの)ポロリもあるかも」と発言、矢口さんは「ないです!」と即座に否定。100人を集めるために、矢口さんは「お昼も出ます。私の自腹です」と必死にアピールし、ひとりさんは「矢口ちゃんに昼飯をおごってもらうチャンスです。僕もおごってもらったことがない」とちゃかしていた。

 募集は、VGA640×480以上の画質で動画撮影ができるデジタルカメラ(一眼)かビデオカメラ(携帯電話などの通信機能付きのものは不可)を持参できる人が対象。参加希望者は9月17日午後11時59分までに、番組の公式サイトでエントリーシートをダウンロードし、必要事項を記入してメールで申し込む。交通費などは自己負担だが、「高性能カメラ持てあまし隊」会員証と番組ノベルティーグッズがプレゼントされ、撮影作品のエンドロールに名前が掲載される。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る