MANTANWEB(まんたんウェブ)

松山ケンイチ:「平清盛」で大河初主演 最年少清盛に中井貴一が「覚悟してやれ」とアドバイス

テレビ
12年の大河ドラマ「平清盛」で平清盛を演じる松山ケンイチさん

 NHKは25日、12年の大河ドラマ「平清盛」の主役・平清盛役に松山ケンイチさん(25)を起用すると発表した。大河ドラマ初主演の松山さんは「清盛を1年かけて、一つ一つ、一生懸命、心を込めて演じることができたら幸せです。1年間、日本を元気にするような力のあるエネルギーのある作品にできれば。頑張ります」と意気込みを語った。過去に大河ドラマで清盛を演じたのは辰巳柳太郎さん、仲代達矢さん、金子信雄さん、渡哲也さんの4人で、5人目となる松山さんは最年少。

 ニュースで同作の放送を知ったという松山さんは、「テーマが家族と一族のきずなを描く平安のゴッドファーザーだと聞いて興味を持った。家族とのつながり、コミュニケーションの薄さを感じるときがある。家族のつながりの大切さを再認識する必要があるから、こういう作品が生まれてきたと感じた。その世界観の中に入っていきたいと思い、特にこのキャラクターというわけではないが、歯車としてかかわりたいと思った」と話し、「ぜひやらせてもらいたいと思ってマネジャーに(番組に)問い合わせをしてくれないかとお願いした」と経緯を話した。

 結果、主演の清盛役を射止めたことについて「驚きました。清盛を演じるには若すぎるような感じがした。晩年をどう演じるのか想像がつかなかった」といい、「最初に相談したのが(俳優の)中井貴一さん」と話した。「貴一さんも、僕と同じ年代で(大河ドラマで)武田信玄を演じられている」といい、中井さんから「オレと全く同じ境遇だ。約50本の大河ドラマの歴史があるけれど(主役は)50人しかいないんだ。その一人をお前がやるんだ。絶対に覚悟してやった方がいい」とアドバイスされたことが分かったことを明かした。

 松山さんへの正式な出演依頼を「10月10日過ぎぐらい」と話した磯智明チーフプロデューサーは、松山さんからの問い合わせを受ける前から、「(候補には)挙がっていた。ストーリーを作っている段階だった。(問い合わせをされたことが)大きな決断の一つだった」とコメント。松山さんの魅力について「清盛は実の親が分からないし、平家に拾われて育てられた人間。その疎外感などを表現するのに彼のキャラクターが清盛像として非常に武器になる」といい、立候補がきっかけで大河ドラマの主役が決定することについては「あまり記憶にはない」と話している。

 平清盛は平安時代末期、武士の一大勢力だった平忠盛の跡を継いで平家を率い、保元の乱と平治の乱の戦いを勝ち抜き、武士として初の太政大臣になり、実質的に天下を握った人物。中国との交易で莫大(ばくだい)な富を握った。

 大河ドラマで平清盛が主役となるのは、1972年の「新・平家物語」以来40年ぶり。清盛は、本当の親を知らないまま、武士の新興勢力・平氏のもとで育てられた少年で、平忠盛も養父役という設定。武士が貴族たちから差別されていた時代に、瀬戸内海の海賊を束ね“武士の王”となり、貿易こそがこの国の豊かになる道だと人々に説く……という視点から描かれる。清盛の20~30代をメーンに、清盛の死後、壇ノ浦の戦いまでをドラマ化する予定。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る