福山雅治:南アで龍馬に思いはせる 大河ドラマ28日最終回

テレビ
「ホットスポット 最後の楽園」の会見に登場した福山雅治さん

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬を演じている俳優の福山雅治さん(41)が27日、11年1月から始まるNHKスペシャルの自然ドキュメンタリーシリーズ「ホットスポット 最後の楽園」の会見に登場。南アフリカで龍馬の誕生日11月15日を迎えたという福山さんは「その日は龍馬さんに思いをはせ、龍馬さんが行けなかった世界を回らせてもらっていますよという気持ちでした」と語った。また「明日、龍馬伝最終回なので、よろしくお願いします」と自らアピールしていた。

 「最後の楽園」は、絶滅が危ぶまれている生き物がすむ「ホットスポット」で3年の歳月をかけてとらえた光景を紹介するドキュメンタリー。NHKと米、仏、ニュージーランドのテレビ局の共同制作で、世界70カ国での放送が決定している。福山さんは「旅人」となって、ブラジルとマダガスカル、日本のホットスポットを訪れるほか、プロローグ回とシリーズ全6回のナレーションを務める。

 10月中旬から約1カ月にわたって、マダガスカル、ブラジルを訪れた福山さんは「一番最初に見た光るアリ塚はインパクトがあった。神秘的な美しいものを見た印象」と振り返り、「人間が触れていないものは本当に美しい。改めて再認識しました」と語った。現地で趣味の写真撮影も行ったという。

 またマダガスカルで「我々クルーが40度を超す熱を出す食あたりになったことがつらかった」と明かし、その原因について「久しぶりの海外だったので、浮かれてたんでしょうね。開放的な気分だったのか、生ものをけっこう食べていました」と苦笑いを見せた。

 総合テレビで11年1月10日午後7時半~同8時43分に「プロローグ 地球・生命の物語(仮)」が放送され、1月30日午後9時~同58分に第1回「マダガスカル 空白が生んだノアの方舟(はこぶね)(仮)」、2月6日午後9時~同58分に第2回「ブラジル 安定が育む(はぐくむ)最古の草原」を放送。その後、ニュージーランド編、オーストラリア編、アフリカ古代湖編、日本編を毎月1回放送予定。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る