小泉今日子:永瀬正敏と16年ぶりツーショット「家族のよう」と 映画「毎日かあさん」

映画「毎日かあさん」の完成披露試写会で16年ぶりにツーショットで登場した小泉今日子さん(左)と永瀬正敏さん
1 / 1
映画「毎日かあさん」の完成披露試写会で16年ぶりにツーショットで登場した小泉今日子さん(左)と永瀬正敏さん

 女優の小泉今日子さん(44)が20日、主演映画「毎日かあさん」(小林聖太郎監督)の完成披露試写会で、夫婦役で共演した元夫の永瀬正敏さん(44)と舞台あいさつを行った。2人は95年の結婚発表以来、約16年ぶりに公式の場でツーショットを披露した。「撮影では本当の家族のようだったんですね」と声を掛けられた小泉さんは「そうですね。それを心がけていました」と笑顔を見せた。

 「毎日かあさん」は、西原理恵子さんが毎日新聞に連載中のマンガが原作で、実体験を基に夫のフリーカメラマン鴨志田穣(かもしだ・ゆたか)さん(07年に死去)や2人の子どもとの日常生活やきずなを描き、単行本はシリーズ累計170万部を突破。テレビ東京系でアニメも放送されている。映画は、単行本の4巻「出戻り編」を中心に描かれる。子育てと仕事に忙しい日々を送るサイバラ(小泉さん)だが、夫の戦場カメラマン・カモシダユタカがアルコール依存症で入退院を繰り返し、ついに離婚することになる。カモシダは依存症を克服して帰ってくるが、今度はがんを発症。家族に悲しい別れが来ることになる……という物語。永瀬さんは、闘病するカモシダを演じるため、12キロの減量をし、眉毛をそって役作りをしたという。

 小泉さんと永瀬さんは04年に離婚した後、07年2月公開の映画「さくらん」にカメオ出演しているが、同じ場面には登場しておらず、同じシーンで共演するのは02年7月期に日本テレビ系で放送した「私立探偵 濱マイク」以来。映画のメーンキャストとしては初共演となる。

 小泉さんは「昨年の猛暑の中、ひと月“毎日かあさん”をしました。お母さんたちの応援になれるような映画ができた」と満足そうに語った。永瀬さんは12キロの減量について「必要なことだったので役者として当たり前」と話したが、子役の小西舞優ちゃん(5)に「お水だけでかわいそうだった」とコメントされると、腕を目元にあてて泣くような仕草を見せて笑いを誘っていた。矢部光祐君(7)は小泉さんと永瀬さんについて「いつも昼ご飯をいっしょに食べてくれて、アイスを買ってくれて優しいお母さんでした。お父さん(永瀬さん)も毎日お昼ご飯を食べてくれて、おんぶしてくれて優しいお父さんでした」と家族のように過ごしていたことを明かした。小泉さんと永瀬さんは終始子役の2人を気遣って声を掛けたりするなどして笑顔を見せ、4人でほのぼのとした雰囲気を醸し出していた。

 舞台あいさつには原作者の西原理恵子さん(44)と小林監督も出席した。映画は2月5日から全国ロードショー。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る