MANTANWEB(まんたんウェブ)

風間俊介:ジブリヒロイン「サン」と「千尋」に大感激「ファンとしてテンション上がる」

アニメ 映画 マンガ
「コクリコ坂から」の初日舞台あいさつに登場した石田ゆり子さん

 スタジオジブリ最新作「コクリコ坂から」の初日舞台あいさつが16日、東京都内であり、声の出演を果たしたアイドル「ジャニーズJr.」で俳優の風間俊介さんが登場。一緒に登場した「もののけ姫」でヒロイン・サンの声を演じた女優の石田ゆり子さん、「千と千尋の神隠し」で千尋を演じた柊瑠美さんと同じ舞台に立ち、大のジブリファンだという風間さんは、「僕は今日、ジブリファンとしてですね、サンと千尋がいるということですごくテンションが上がってます。ジブリ作品にかかわれたことを幸せに思っています」とあいさつし、会場をわかせた。

 「コクリコ坂から」は80年に「なかよし」(講談社)で連載された佐山哲郎さん原作、高橋千鶴さん画の少女マンガが原作。翌年に東京オリンピックの開催を控えた63年の横浜を舞台に、父を海で亡くし、仕事を持つ母を助け、下宿屋を切り盛りする16歳の少女・松崎海(長澤まさみさん)と、同じ高校に通う1年先輩の新聞部の部長・風間俊(岡田准一さん)の恋物語が描かれている。

 舞台あいさつには、長澤さん、岡田さん、内藤剛志さん、香川照之さん、手嶌葵さん、宮崎吾朗監督も登場。長澤さんがMCを務め、あいさつ冒頭では手嶌さんが主題歌「さよならの夏~コクリコ坂から~」を披露した。石田さんは、「(演じた北斗美樹は)海ちゃんの先輩に当たるんですけど、そういった立場は実写ではあまりないので、楽しんでやらせていただきました。大好きなジブリの作品に呼んでいただけただけで、私は幸せだと思っています」と満足げ。

 柊さんは、「(演じた広小路幸子は)あまりに普段の自分とギャップがありすぎて全然できるかどうかすごく不安だった」と苦労を明かしながらも、「監督には、『もう考えないでやってください』と言われて、ギャップを楽しんでやろうと思いました」と笑顔を見せた。作品にちなんで、「高校時代の青春エピソードは?」と長澤さんから聞かれると、柊さんは、「体育祭では、応援団とかチアガールがあったのですが、必ず先輩のオーディションを受けなければいけなかった。厳しい練習に耐えて、泣きながらやっていました。自分が先輩になったらしごきながら頑張っていました」と高校時代を振り返った。

 内藤さんは、「みなさんの顔を拝見していて、やっぱり映画というのはみなさんに見ていただいてそこで完成するんだなと思いました。今から生まれるんだなと思います。そこに立ち会うのは光栄なこと」と喜びを語った。映画は、TOHOシネマズスカラ座(東京都千代田区)ほか全国で公開中。(毎日新聞デジタル)

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る