注目映画紹介:「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 戦争ドキュメンタリー風SF 海兵隊の活躍描く

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の一場面 
1 / 1
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の一場面 

 エイリアンによる地球侵略によって街に取り残された民間人5人の救出に向かう10人の海兵隊員の活躍を描く「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ジョナサン・リーベスマン監督)が17日、公開された。退役間近のナンツ2等軍曹(アーロン・エッカートさん)や若きエリートのマルチネス少尉(ラモン・ロドリゲスさん)らの簡単な人物紹介のあと、ほどなくしてエイリアンがワラワラと登場し始め、あれよあれよという間に観客は、民間人救出に向かうナンツたちに“お供”することになる。

 出だしから終わりまで戦闘シーンの連続。5人の逃げ遅れた民間人救出のために駆り出される海兵隊員。SFアクション映画のストーリーとしては、スケールが小さいにもかかわらず、違和感を抱かせることなくグイグイと引っ張っていく展開は、あっぱれというほかない。しかも未曽有の爆撃シーンが展開し、それによって壊滅状態に陥ったロサンゼルスを、登場人物をして「捨てる」とまで言わしめる豪胆さ。海兵隊賛歌的な収束のさせ方が鼻につく人もいるかもしれないが、ここまで派手にやってもらえれば、逆に文句も言えない。

 物語の背景には、1942年2月に起きた「ロサンゼルスの戦い」なる“実話”がある。これは、未確認飛行物体に米軍が砲弾を撃ち込んだが1機も撃墜できなかったというもので、当時の目撃例などを踏まえ今作が作られたという。エイリアンさえ出てこなければ戦争ドキュメンタリーを見ているよう。その異色ぶりが際立つ作品だ。9月17日から丸の内ピカデリー(東京都千代田区)ほか全国で公開。(りんたいこ/毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る