MANTANWEB(まんたんウェブ)

るろうに剣心:実写版ビジュアル公開 主演の佐藤健「原作ファン見て」と自信

映画 マンガ
映画「るろうに剣心」で緋村剣心を演じる佐藤健さん (C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

 俳優の佐藤健さん主演で実写映画化される「るろうに剣心」(大友啓史監督)が、11月21日にクランクアップを迎え、佐藤さん扮(ふん)する主人公・緋村剣心(ひむら・けんしん)のビジュアルが公開された。佐藤さんは「ケガなく無事に撮影を終えることができてホッとしたのと、解放感で思わず『終わったー!』って叫んじゃいました。たくさんの方に見ていただきたいですが、特に原作ファンに見ていただきたいです」とコメントしている。

 8月にクランクインした同映画は、京都府、滋賀県、鳥取県、岡山県、兵庫県、大阪府の2府4県で約4カ月という長期の撮影を行い、各地で延べ1200人のエキストラが参加する大掛かりなものとなった。製作総指揮のウィリアム・アイアトンさんは、世界マーケットへのデビュー、そして海外配給に向け準備を始めているといい、「我々は剣心が世界中の観客に愛されると信じています」と同映画へ期待を寄せている。

 「るろうに剣心」は、94~99年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、コミックスは全28巻で累計5000万部以上を発行した大ヒットマンガ。幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた緋村剣心が、明治維新後「不殺(ころさず)」を誓った流浪人(るろうに)として、さまざまな人たちとの出会いや、宿敵との戦いをへて、新たな時代の生き方を模索していくという物語で、映画では主人公の剣心を佐藤さん、ヒロイン・神谷薫を女優の武井咲さん、剣心を慕う美人女医の高荷恵を女優の蒼井優さん、旧幕府軍・新撰組三番隊組長の斉藤一を俳優の江口洋介さんがそれぞれ演じる。

 映画は来春完成予定。17、18日に千葉県の幕張メッセで開催される「ジャンプフェスタ2012」の会場では、数量限定のジャンプ限定ビジュアル劇場前売り券が発売される。製作はワーナー・ブラザース映画で、12年8月25日全国公開予定。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る