MANTANWEB(まんたんウェブ)

第35回アカデミー賞:熊田聖亜ちゃん大人顔負けスピーチ 「さや侍」親子コンビで新人賞

映画
「第35回日本アカデミー賞」授賞式で大人顔負けのスピーチをする熊田聖亜ちゃん

 松本人志監督の映画「さや侍」で親子を演じ、第35回日本アカデミー賞で新人俳優賞をコンビで受賞した子役の熊田聖亜ちゃんと主演の野見隆明さんが、東京都内で2日開かれた授賞式に登場。野見さんは緊張で声を上ずらせ「えーと、本当に松本監督に感謝します。ありがとうございます!」と簡単にあいさつしたが、聖亜ちゃんは「すっごく緊張しているんですけれど……」と言いながら立派なスピーチを披露した。

 聖亜ちゃんは受賞に「素晴らしいというか、すてきなというか、かっこいい賞をいただいて、本当にうれしく思っています。今回は野見さんと一緒に作品に出て、新人賞をいただきました」と喜び、「松本監督の力が本当にすごかったんじゃないかなと思います」としっかり監督を持ち上げ、会場を感心させていた。

 同賞は2人のほか、俳優の上地雄輔さん、長谷川博己さん、高良健吾さん、女優の桜庭ななみさんに加え、子役の渡邉このみちゃんが最年少の5歳で受賞した。このみちゃんは「ありがとうございます。楽しかったです」と可愛らしくあいさつ。長谷川さんは「日本映画が大好きで、初めて映画に出た作品が新人賞。門を開いていただいたので、まっすぐ進みたい」としみじみと語った。桜庭さんは「この賞を糧に頑張っていきます」と喜んでいた。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る