和久井映見:竹野内の妻役に「何かの間違い?」 金ドラ「もう一度君に、プロポーズ」

「もう一度君に、プロポーズ」で記憶をなくした妻を演じる和久井映見さん
1 / 1
「もう一度君に、プロポーズ」で記憶をなくした妻を演じる和久井映見さん

 女優の和久井映見さんが、竹野内豊さん主演のTBS系金曜ドラマ「もう一度君に、プロポーズ」で、竹野内さんから2度目のプロポーズを受ける記憶喪失の妻役を務めることが14日、明らかになった。和久井さんはオファーの際、「何かの間違いではないかと思いました。設定をうかがい、私で大丈夫だろうか……」と戸惑いつつ、「春の暖かい日差しのように、すてきな何かが心に残る作品になりますように……。一つ一つを丁寧に演じていかなければならないと思います」と意気込みを語っている。ドラマは4月スタートで、毎週金曜午後10時に放送。初回は拡大版となる予定。

 ドラマは、自動車の修理工場に勤める整備士の宮本波留(竹野内さん)が主人公。結婚して4年目の図書館司書の妻・可南子(和久井さん)との間に子どもはいないものの、仕事も家庭も順風満帆だったが、可南子がくも膜下出血で倒れてしまう。手術は成功したが、可南子は波留と過ごしたことだけを忘れてしまう。波留は可南子こそが大切な存在だと再認識し、自分を忘れた可南子に再びアタックすることを決意する……という物語。

 和久井さんが演じる可南子は、最近マンネリ気味の夫との関係を何とかしようとデートに誘ったり、手作り弁当を作ったりしていたが、くも膜下出血の手術後に、夫の存在を忘れてしまう。記憶を失った可南子を家族として面倒を見ようとする弟役に山本裕典さん、波留にひそかに思いを寄せる同僚役に倉科カナさん、可南子の母親役を真野響子さんが演じる。

 山本さんは、初共演となる竹野内さんについて「小さいころからテレビで拝見していて、男としての魅力があふれる方だとすごく感じています。熱くこの役を全うしながら、竹野内さんの魅力を堪能したい」と話し、倉科さんも「自動車整備士という、今まで演じたことのなかったアクティブな役をいただけて、本当にうれしかった」と喜びのコメントを寄せた。真野さんは「人生の先輩として、また母として、自分が苦境を乗り越えてきた道を顧みながら、2人を見守れたら」と語っている。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る