MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「GIRL」 親友4人が抱える悩みをガールズトークを交えながらつづる

映画
「GIRL」の一場面 (C)2012“GIRL”Movie Project

 06年に発売され、発行部数40万部を超える奥田英朗さんのベストセラー小説を映画化した「GIRL」(深川栄洋監督)が26日に封切られる。広告代理店で働く、おしゃれが大好きな29歳の滝川由紀子。最近、管理職に昇進し、夫より稼ぎのよい34歳の武田聖子。6歳の息子を独りで育てると決めた36歳の自動車ディーラーの平井孝子。そして、最近“女”を捨てつつあるが、イケメン新入社員が気になって仕方がない、文具メーカー勤務の34歳の小坂容子。この親友同士4人が抱えるそれぞれの悩みを、本音のガールズトークを交えながらつづっていく。4人をそれぞれ演じるのが、香里奈さん、麻生久美子さん、板谷由夏さん、吉瀬美智子さんと、今をときめく女優陣だ。

 物語もさることながら、今作の面白さは、意外性のあるキャスティングにある。例えば、由紀子(香里奈さん)の先輩で、生涯「ガール」を貫く決意の38歳の光山晴美は、オシャレに目がなく、その挙動はときとして周囲を驚かせるが、しかし仕事はできる。そんな女性を、しとやかなイメージの檀れいさんが、とびきり突き抜けて演じているのが愉快だ。また、由紀子の彼氏役で向井理さんが、髪の毛ボサボサ、無精ひげの武骨な体育会系風男子にふんし、さらに、好青年役の多い要潤さんが、男尊女卑もはなはだしい聖子(麻生さん)の部下を憎々しげに演じている。ほかにも、きまじめで超地味な会社員役で加藤ローサさん、聖子のほのぼのとした夫を上地雄輔さん、社内の女子社員にちやほやされる容子(吉瀬さん)の部下を林遣都さんが演じているのも楽しい。

 奥田さんの原作は、30代女性の仕事観、人生観をつづったオムニバス小説。今作は、その中から四つのストーリーを抽出し、それぞれの主人公を親友同士にして物語を組み立て直した。脚本を担当したのは、映画「あしたのジョー」や「映画クロサギ」の篠崎絵里子さん。監督は、「洋菓子店コアンドル」「神様のカルテ」などの深川さん。また“カリスマ歌姫”の西野カナさんが、自身で詞を書き下ろした主題歌「私たち」を歌っている。26日からTOHOシネマズ有楽座(東京都千代田区)ほか全国で公開。(りんたいこ/毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る