MANTANWEB(まんたんウェブ)

佐々木健介・北斗晶一家:「24時間テレビ」マラソンランナーに 史上初のリレー形式

テレビ

 プロレスラーの佐々木健介さん、北斗晶さん一家4人が、「24時間テレビ35 愛は地球を救う」(日本テレビ系、8月25、26日放送)のチャリティーマラソンのランナーを務めることが2日、明らかになった。同日放送のバラエティー番組「嵐にしやがれ」で発表された。4人は史上初のリレー形式でゴールの日本武道館を目指す。

 佐々木さん一家は、妻北斗さんと、長男健之介さん(13)と次男誠之介君(9)でマラソンに挑戦。誠之介君は史上最年少のランナーとなる。 佐々木さんは「人間一人ではない、家族で力を合わせて成し遂げたいという思いで家族でやろうと思った」と話し、北斗さんは「家族を見直すことがなかなかない。家族がいるから頑張れる。家族から家族へ未来へつなぐことをみなさんに伝えたい」と決意を語った。

 嵐の櫻井翔さんは「つないでいく家族の絆を24時間見守りたい」といい、大野智さんは「見ている人たちも家族で応援したい」とエールを送った。

 毎年夏に放送している同番組は今年で35回目。今年は、人気グループ「嵐」がメーンパーソナリティーに決定している。同番組のチャリティーマラソンは、92年から行われており、08年はエド・はるみさん、09年はイモトアヤコさん、10年ははるな愛さんがランナーを務め、昨年はフリーアナウンサーの徳光和夫さんが挑戦した。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る